スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社のネットのインタビュー記事 福島原発第2原子炉の扉が開くかもしれません

福島第一原発2号機原子炉ですが、作業環境を改善することを理由に、

建屋内の放射線濃度と湿度を下げるもが目的として、

原子炉建屋とタービン建屋接続部にある二重扉の開放を、今月後半にも

おこなう計画があるそうです。



そうなれば当然、大気中に放射性物質が放出される可能性がでてきます。



経済産業省原子力安全保安院が、具体的な作業手順に加え予想される

環境影響を報告するよう東京電力に求めたそうですが・・・



たしかに0・16ベクレルに、湿度は99・9%の環境で作業などは現実

無理だと思いますが、しかし、これ以上の放射能放出も許したくないです。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。