スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の国際ジャーナルとは 邦画の味

紙媒体のメディアの危機が叫ばれる中、映像業界も同じように衰退の波が押し寄せてきています。テレビ離れ、映画離れはここ数年著しいですね。みんな一体どのように日々を過ごしているのか不思議になるくらい、新聞も雑誌もテレビも読まなく観なくなっています。こんな風に書いている自分はどうかというと、確かに、新聞は取ってないし雑誌は滅多に買わないしテレビもニュースと特定の番組以外はほとんど観ません。なぜ?と聞かれると・・特に必要だと感じないから。ネットがあるし。と答えてしまいます。かと言って、インターネットをべったり観ているかというとそうでもない。不思議ですねえ。最近は頑張って本を読んでますが。
国際ジャーナルに「邦画を日本の“文化”として捉えよう ──文化を守るのは国・産業・国民だ」という、なかなか骨のある記事が載っていて、そういえば文化としてちゃんと捉えられているだろうかと、自問させられました。邦画には邦画だけにしかない「日本語の美しいセリフ、日本人としての感覚、日本人の視線」というものがあるわけです。それなのに、邦画には迫力がないとかSFXがちゃちいとかエンターテイメント性に欠けるとか、うるさいわ!そいうハリウッド的なものを邦画に求めるな!と言いたいですね。小津映画のようなものをアメリカ人が撮れないのと一緒ですよね。邦画には邦画の味があるんだから。それを分かって撮っている監督の作品を観て、映画業界を私たち国民をあげて盛り上げないと。





ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。