スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ヒューマン 経営者 親の態度

最近、新聞で児童虐待を伝える記事がずいぶん増えたような気がします。命を取
り留めた子はまだしも、死んでいった子が受けた仕打ちを考えると、ほんとうに
やりきれない気持ちになります。

保護された子供の行く末についても、心に受けた深い傷をどうやっていやしてい
くのでしょうか。

最悪の事態になる前に保護されるべきなのですが、これがなかなか難しいようで
すね。

周囲が虐待を疑っても、親が強く否定し、子供が親をかばってしまっては、介入
しづらくなります。

先日新聞に、大阪市内の医療機関が、市の児童相談所と連携して、子供が虐待さ
れているかどうか判断するチェックシートを作ったという記事がありました。チ
ェック項目は61にも上ります。

その中で紹介されていたのが、子供の状態の他に「親の態度」。

順番が待てない、スタッフに食ってかかる、以前のことをたずねると極端に嫌が
る、独特の育児法を主張する…等々。本来の医療行為とは関係ない親の態度もし
っかりチェックし、虐待かどうかを見抜こうというわけです。

現代画報」2009年2月号に、児童虐待についての記事がありました。

医療機関は、子供が虐待を受けている場合、一番わかりやすく追求しやすい機会
だと思います。

ぜひこのチェックシートを参考にして、子供が不幸にならないように手を差し伸
べてあげてほしいものです。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。