スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社・報道ニッポン 話題の公務員の天下りが減少

国家公務員が退職後2年以内に再就職した、一般職の企画官級以上という管理職の人
が対象ですが225件だったそうです。

これは、今年4月~6月に届け出があった、国家公務員の再就職状況を総務省が発表
した統計です。



企画官級以上って?

係長のひとつ手前で、純係長のひとつ上の職みたいですね。



自公政権下の前年期に比べると、約6割の減少したそうです。

民主党政権で、天下りが問題視されたことが、影響しているのでしょうかね・・・



しかし、どうなんでしょうか?



知り合いにもたくさん公務員の方はいます。



初任給は微々たる額の給料で、少しずつ給料が増えてきたらバブル期に入り、民間で
はものすごい給料をもらっていた時も、決して給料が上がることなく、「馬鹿じゃ
ん」などと言われながらも黙々と公務員で働いていた。



バブルがはじけ不況になると、公務員の給料はカット。



それからは、事あるごとに、カット、カット・・・

そして今、また公務員の給料がカットされそうですね。



公務員の天下りは、一部の人間でしょう?



公務員はたくさんいます。

その一部の人達が潤っていたつけを、全国の非もない公務員が、背負う必要はあるの
でしょうか?



そして、一番使っているのは政治家でしょう・・・

国のためではなく、政党にために活動し資金を使い、そして、自分の利益のために金
が舞っている。



そう、思いませんか?


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。