スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル タイガーマスクの話題を受けて・・・

ここ最近、「タイガーマスク」や「あしたのジョー」の主人公の名前、または
今活躍中のカメラマンの名前を名乗ったりして、施設に物品を贈る・・・というのが
話題になっていますね。
先日のニュース番組を見ていると、全ての都道府県で起きたということなのです。
テレビでは報じられないものもあったのかもしれません。

その話題を受けて、全国児童養護施設協議会が「児童養護施設へのご厚意にかかわる
お礼とお願い」と題した文書を1月13日付けでウェブサイトに掲載したそうです。
これは、新聞記事に載っていました。

子供や施設に何が必要か、事前に問い合わせた上で寄付してもらえれば、より厚意を
活かすことができる、ということなのです。子供たちも誰から頂いた厚意なのかを
知ることで、今後の成長の糧ともなるということなのです。
施設が近くにない場合には、赤い羽根の共同募金会を通じて寄付することも可能と
紹介されているようです。

温かい心を持った人の厚意は、有効に使うということですが、そのためにも何が必要か
の問い合わせや共同募金会を通じた寄付をしてもらえれば・・・ということなのです。

報道によるとランドセルや文具、お菓子などがあるようですが、子供たちがとても
喜ぶようなものですね。本当に必要な物がもし、なかなか手に入らない・・・ということ
であれば、ぜひその贈り物も大切かもしれません。あまりにも広がった「タイガーマスク」
の話題から、このようなコメントを出されたのではないでしょうか。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。