スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊報道通信社報道ニッポン 財政再建にはどんな取り組みが必要なのか?

日本の税制については、いろいろと見直しをしていく必要があるのでしょうか。
国際ジャーナルなどの雑誌を読んでみると、日本の税制については、制度疲労と
いう面もあるのではないかと感じます。207兆円という国の総予算について
も、税収の面から、徹底的に見直してほしいところです。その中から、無駄なも
の、必要のない制度、あるいは間違った制度については、変革が求められている
と思います。消費税の税率アップといった議論も必要になるかもしれません。し
かし、まずは政府として、増税から入っていくのではなく、今までの財政の無駄
を徹底的になくしていくのが筋ではないかと思います。また、環境税という新し
い税制もあります。これについては、税制調査会や省庁間をまたぐ議論になると
思います。かつて話題になった埋蔵金ですが、その存在を否定していた自民党の
政治家も、かなり埋蔵金を使ったようです。これは政権交代の効果といえるで
しょう。民主党の予算の中でも、いわゆる埋蔵金はかなりの金額で予算に計上さ
れているみたいです。基本的には、埋蔵金は無限にある訳ではないですから、
207兆円という総予算の色々な見直しをしっかりとしてもらいたいところで
す。それには政治家のみならず、役人の方々の踏ん張りも必要になってくると思
います。







国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。