スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌国際ジャーナル 昔の食卓は偉かった

報道ニッポンで「迫り来る食糧危機」を特集してますね。食糧危機。最近はすっかり耳慣れてしまった言葉です。耳慣れただけで、実はほとんどの人が実際にそれが起こる状況を想像できないんじゃないでしょうか?それぐらい、私たちの食卓は輸入食品に頼りきっているからです。食料自給率3割以下になる日も近いと言われ続け、でも、今からウチは農家になります!なんて出来るわけではなく、それぞれの生活の中で、どうしたら近くやってくる食糧危機を乗り越えたらいいのか考えるしかないのかな。。国産品を買うようにして、外国産の原料を使った加工品を買わないようにする。これぐらいしか思いつかないのが悲しいところですね・・。ただ、やっぱり不況の世の中、価格の高い国産品だけで食卓を賄うのは厳しいです。食費を切り詰める場合、やはり野菜だけのおかずは外せない。この野菜がね、なかなか国産オンリーというわけにはいかないんですよ。
と、ここまで書いてきて思いつくのは、昔の食卓。旬のものだけを使って作る食卓です。そもそも、冬にきゅうりなんて売ってなかったんですよね。ハウス栽培や輸入によって、季節関係なく、いつでもどんなときでも、今の私たちはサラダは食べられる。そんなの、ホントはおかしいのかもしれない。無理に青々としたきゅうりやトマトを冬に食べることはないのかもしれない。一日に何種類もの野菜を食べなくちゃいけないってよく栄養士の先生は言うけれど、旬の一番美味しい時期に採れた野菜をしっかり食べれば栄養価だって高いはずですもの。質素にするというよりも、原点に返った食卓にすればそれでいいような気がします。とりあえず、今夜は白菜で鍋だな!(手抜きじゃないゾ)





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。