スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 月刊 国際ジャーナル 007の23作目が制作スタート予定。

映画好きの方もそうでない方も、MGMといえば映画を見るときに見たことのある方がほとんどではないでしょうか?ピンク・パンサーや007、ロッキーなどの映画を提供してくれた会社です。そんなアメリカ映画大手のメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)ですが、なんでも破産法の適用を受けて再建中となっていたそうです。そこで静かにしているわけではないのが、アメリカ人なのか?MGM、1月11日に、経営難を理由に去年の4月に無期限延期としていた日本でも世界でもおなじみのスパイ映画「007」シリーズの第23作目の制作を今年中に開始することを発表したそうです。この映画の主演はまたもや、ダニエル・クレイグさんで、2012年の11月に公開すると発表したそうですよ。MGMは、2010年の11月にアメリカ連邦破産法の適用を申請し、新興映画制作会社「スパイグラス・エンターテインメント」の支援を受けて再建計画を策定し、立て直しに向けて再スタートを切っているところだそうです。大手の映画会社も潰れるくらい、世の中は不況ということでしょうか。007ファンの人は、また007がスクリーンで見られるということでちょっと嬉しいニュースなのでは?がんばれ、MGM!

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。