スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 月刊 国際ジャーナル 名古屋市のリコール請求が意味するものは?

最近注目しているのが、名古屋市のリコール請求の ニュースです。このリコー
ルは、数が足りなくて不成立とみられていましたが、その後状況が変わってリ
コールが成立することになったようです。 これはなぜでしょうか。 有効署名
数が法定数を下回ったと判断していた名古屋市の選挙管理委員会ですが、異議申
し立てを受けて再審査をするこ とになりました。その結果として、最終的な有
効総数が法定数を3213人上回る36万9008人に達したことになり、リ
コールが認められるこ とになっています。今後の地方行政に対して、影響があ
るのでしょうか。国際ジャーナルでも、この名古屋市の動きについては、今後も
報道をして ほしいと思います。議会解散の是非を問う住民投票になりますがこ
れは政令指定都市では初めてになるそうです。来年の2月6日に選挙は行われる
見通しであると報道されています。選挙の結果がどうなるのか、気になるところ
です。今回のリコール請求はいろいろとありましたが、名古屋市民 が示した民
意として考えるべきではないかと思います。まさに地方自治のあり方を考える住
民投票になるのではないかと感じています。今後も名古 屋市の動向については
注目したいと思います。





国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。