スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 公務員採用抑制

すごい不景気の中にいる日本、(といっても世界中が不景気ですけれどね)、公務員の人気はやっぱり高いのではないでしょうか?ということで、国家公務員の採用状態がどうなっているのかという興味深いニュースを見てみました。人事院が発表したところによると、8月20日、中央省庁や出先機関の中堅幹部候補を採用する国家公務員II種試験(大卒程度)の平成22年度の合格者は、政府の採用抑制方針を反映しているそうで、合格者数4076人と、前の年から比べると、なんと1123人(21.6%)も減少したのだそうです。これはどういうことかというと、II種試験が導入された昭和60年度以降、2番目に少ない人数だそう。もちろん、この不景気で申込者数は8100人増えたそうですから、倍率はなんと7.7倍から11.8倍にアップしたそうですよ~。公務員になるのが、どんどんむずかしくなりそうですよね。合格者の方は、各省庁や出先機関の面接をすることが残っていますが、1744人が採用される予定なのだそうです。今公務員を目指して頑張っている方は、今の2倍がんばらないと、なかなか合格するのは難しそうな感じですね。一度公務員になってしまえば、悪いことをしない限りは将来は約束されたようなものですから、がんばらないとですね~。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。