スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 今年の冬はどうなるでしょうか

「今年は寒くなるのでは」と以前からテレビや新聞で報道されていました。
また、国際通信社から発行されている雑誌には「気候」に関する記事が
載っていたようにも思いますが・・・。

先日の新聞に「暖冬」という言葉が入った記事が載っていました。
暖冬の影響で、北海道内各地のスキー場が臨時休業したり、オープン時期
がずれ込んだりするケースが目立っているそうなのです。
12月3日には暖気が入り込んだために、北海道内各地で気温が上昇しました。
14地点で12月の最高気温を更新しました。
本来であればスキーヤーやスノーボーダーで賑わうはずの各スキー場の関係者
は「雪町」の現状に頭を抱えているということなのです。

「パウダースノー」で知られる富良野スキー場は、11月下旬のオープンを予定
していたということですが、積雪が確保できずに今シーズンはまだ一度も営業できて
いないといいます。
降雪機は気温が氷点下にならないと使用できないそうです。
関係者は「この時期までオープンできないのは初めてではないか。1回降ってくれれば
なんとか営業できそうだが」と頭を抱えているようですね。

ですが、日本気象協会北海道支社の話によると12月中旬頃からは大陸から強い寒気が
入るため、積雪が予想される」と話しているようです。
営業する側も頭を抱えているでしょうし、またスキーやスノーボードを満喫しようと
予定を立てていた人たちも多いでしょう。今年の冬はどうなるのでしょうか。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。