スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 口内ケアがインフルエンザ予防対策に?

10月頃からでしょうか、インフルエンザの予防接種が始まっています。
昨年は「新型インフルエンザ」の流行などもあって、接種するという人が
多いのではないでしょうか。また「新型インフルエンザ」に関しては
流行したこともあって、国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたよう
に記憶しています。

インフルエンザの予防対策としてテレビや新聞では「うがい」「手洗い」と
大きく取り上げられています。そして、先日の新聞には「口内ケア」が有効との
考えが広がっているという記事が載っていました。
学校や病院、企業が口内ケアへの取り組みを活発化させているそうです。
各地の学校や病院では、歯磨きなどで口内の細菌の活動を抑えてインフルエンザ
感染を防ごうとする活動が実施されているということです。
一方で、口内ケアによるインフルエンザ対策至上への参入を模索する企業も
出できたそうです。

東京のある小学校では、歯磨きを促進する活動を行っているそうです。
その結果、インフルエンザによる学級閉鎖率が平均約45パーセントにとどまった
そうなのです。他の小学校では学級閉鎖率が79.6パーセントだったそうで、
歯磨きの活動は「成功」しているといえるかもしれません。
ただ、歯磨き促進とインフルエンザ現象の因果関係はまだ実証はされていないと
いうことです。

日常当たり前のように歯磨きを行っていると思うのですが、実はインフルエンザ
対策のひとつになっている・・・ということも考えられるようです。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社
国際通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。