スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 北朝鮮の砲撃の裏側の意図

北朝鮮が韓国の延坪島を砲撃したことは衝撃的な ニュースだったと感じていま
す。これからの朝鮮半島の情勢はどのようになっていくのか、最近はとても気に
なっています。米韓両国は、黄海で合 同軍事演習を始めています。この行動
が、北朝鮮の更なる軍事行動を引き起こす可能性はあるのでしょうか。中国の動
向も気になると思います。日 本政府としても、在留邦人の安全確保などのほ
か、朝鮮半島有事に備えた対応を求められていると思います。国際ジャーナル
も、この朝鮮半島の 情勢については、緊急特集を組んでもいいのではないで
しょうか。そのように思います。今回の合同軍事演習には、米原子力空母
「ジョージ・ワシ ントン」も参加するという本格的な内容になっています。北
朝鮮のこれ以上の暴挙は、なんとしても食い止める必要があります。北朝鮮の政
府内の 状況はどのようになっているのでしょうか。韓国の民間人に対する軍事
攻撃を行ったという事実は、とても許される内容ではありませんが、その背 景
にどのような動きがあるのかについては、冷静な分析と対処が必要だと思いま
す。これからの東アジアの情勢については、この北朝鮮の動向が鍵 となってき
そうです。これからも注意していきたいと思います。






国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。