スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 漁船衝突事件に対する菅内閣の説明責任とは



最近の外交に関する話題として問題になっているの が、中国との漁船衝突事件
に関する対応です、この事件では船長が釈放されるという結果になっています。
その後も中国外務省から日本に対して 「強烈な抗議」が表明されています。中
国は日本に対して、謝罪と賠償を求めていますが、これはどのような考えなので
しょうか。国際ジャーナル でも、この事件に対する日本のとるべき姿を分析し
て欲しいところです。正直なところ、中国の言っていることは筋違いの主張では
ないかと思いま す。これからの日中関係のあり方について、悪影響がないか心
配するところですね。菅首相はどのように考えているのでしょうか。記者会見で
は 「船長釈放は国内法に基づき粛々と判断した結果」とマスコミに語っていま
す。ですから、この釈放に関する政治介入はなかったとの立場を表明し ていま
す。これは本当なんでしょうか。今回の釈放は、日中関係全般への影響を考慮し
た菅政権としての政治判断だったという報道もあります。菅 首相は、この件に
ついて、国民に対する明確な説明を行うべきではないかと思います。いずれにし
ても、これからの外交において、中国との関係は とても重要なものですから、
今後も注目したいところです。





現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。