スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 国勢調査

今年は5年に1度行われる「国勢調査」の年です。我が家にも最近、調査員が
用紙を持って来ました。
しかし、単身世帯の増加やプライバシー意識の高まりで、調査員が直接会って
の調査票配布、回収は難しくなっているそうです。
確かに、調査内容を見てみると「どうしてこんなことを答えないといけないんだ」
と思う項目はいくつかあったと感じたのが正直な気持ちです。

全国で「所在不明高齢者」が相次ぐなど、行政のデータの不審が高まる中、
国勢調査の信頼性というものは、回答者が正直に回答するかどうかに委ねられている
ようです。

各地域では、キャラクターやタレントさんを使ってのPR活動が行われている
とテレビ番組で見たことがあります。「みなさんご協力ください」と何度もお願い
していたように思いますが・・・。

5年前にテレビ番組で調査員の仕事の様子が放送されていました。快く引き受ける
人も多かったのですが、中には冷たい態度で断る人の姿も放送されていました。
調査員には気の毒なのですが、私自身も「どうして書かないといけないのか」と
いう気持ちはどこかにあります。家族構成や主人の仕事内容、どんな家に住んでいる
かなどをどうして答えないといけないのか・・・と疑問に思っています。
ただ、「国民の義務」と片付けられては自分自身で記入しないと後で嫌な思いをする
かもしれません。みなさんは協力しますか?しませんか?


現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。