スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光ビッグバン

現代画報に、「観光ビッグバン」で迎える 日本の観光戦略転換期 、
という特集がありました。

不景気による日本経済の低迷に加え、
今後も人口減や高齢化の影響により、日本の個人消費は低迷基調が続くと見込まれます。

それに伴い、小売・外食・観光などの消費産業の未来は暗いと考えられがちです。

しかし日本人の経済力が衰えたとしても、
外国人の経済力に期待することはできると思われます。

外国人観光客の消費は、日本人観光客の減少に苦しむ観光地を潤すだけでなく、
小売・外食・交通など広範な消費産業を活性化させます。
また訪日観光客が大幅に増えれば、外国人を誘致することで地域を活性化する取り組みにも余地が広がります。

また日本は、世界の中でも成長力の高いアジア・太平洋地域に位置しています。
特に急成長を続ける中国の隣に位置するという好立地に恵まれており、
さらに今年、中国人観光客に対する規制が緩和されたことは、
日本の観光戦略に大きな意味を持ちます。

かつて日本は工業製品ばかりが目立ち、
人をひきつける魅力に欠けていたように思いますが、
現在の日本には、考えうるだけでも外国人をひきつける要素がたくさんあると思います。


日本食が世界に広まったことにより、さらに魅力を増した日本の寿司、
日本のアニメ、日本の若者風俗やファッション、温泉や北海道の雪景色など、
世界に誇れる日本の文化は数多く存在します。

国としても、これらの日本文化に自信を持ち、
ますます日本の魅力を世界に向けてアピールすることで、
観光業の発展と共に日本経済の活性化に結びつけてほしいものです。

国際ジャーナル
現代画報
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。