スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の国際ジャーナルの特集 日本の人事制度とグローバル経済の関係



日本人にとって、これからの時代のキャリア形成につ いては、よりグローバル
経済の影響を考えながら構築していく必要性が高まってきていると思います。日
本は日本人の新卒一括採用、年功序列型の 人事制度によって長らくビジネスを
行ってきましたが、この時代、これらのシステムが大きく変わることになってい
ていると思います。成果主義な ど日本人のメンタル面であまりなじみのないシ
ステムもありますが、よりグローバル化した人事制度が、大企業を初めとして浸
透してくるのではな いかと思います。新しい人事制度がどんな影響を与えるの
か、国際ジャーナルでも取り上げてみると面白いかもしれませんね。アメリカで
は IBM、ゼネラル・エレクトリック(GE)などの大企業において、早い段
階から幹部候補を、世界中で採用する従業員の中から絞り込むという体 制がで
きているそうです。日本でも日産自動車、ソニーなどが似たシステムを採用する
ようになってきています。日産は社長直轄の人事諮問委員会 を設け、数百ある
幹部ポストの後継プランをつくり、絶えず進ちょく状況をみているそうです。こ
れからは日本だけではなくて、世界全体を見る目 が、企業の幹部にとっては重
要になってきているのではないかと思います。




現代画報の通信日記
経済がわかる報道通信社の報道ニッポンは経済誌
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。