スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 地方分権を進めるためにはどんな考えが必要になるのか?

これまでの日本では、中央集権的な政策が主体となってきています。これについ
ては、地方分権という主張が古くから行われてきました。最近では大阪などの知
事による地方独自の動きがニュースになってきています。日本において地方分権
は進んでいくのでしょうか。これについては注目したいところですね。国際
ジャーナルや報道ニッポンでも、地方分権の動きについての特集を期待したいと
ころです。地方分権は自治体に権限と財源を移し、地域ごとの創意工夫を引き出
すのが目的となっています。福祉や街づくりの権限を市町村に移管するのも効果
が大きいかもしれません。一方、地方整備局や農政局など国の出先機関の見直し
については、まだまだ進んでいない点も多いのかもしれません。民主党政権が検
討課題に加えた、補助金の使い道についても、これからの議論が待たれるところ
です。地方で使える財源を考えることなしに、地方分権は実現しないと思いま
す。その一方で、地方においても独自の産業育成など、その責任は大きくなって
くると思います。地方にすむ住民にとっても、自らの政治的な判断が、そのまま
地方経済の成果に現れてくるというリスクもあります。これからの日本の地方分
権については、もっともっと勉強していきたいところですね。




経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルへの思い 報道ニッポン。地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。