スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報の特集記事 北朝鮮の挑発に対する韓国の決意について

国際ジャーナルなどのマスコミでも盛んに論評が行われている北朝鮮問題です
が、最近話題となっている韓国海軍哨戒艦「天安」沈没事件の原因は、どうやら
大きな問題に発展しそうです。韓国の軍民合同調査団は2010年5月20日午
前に、「北朝鮮の魚雷による爆発で沈没した」とする調査結果を発表していま
す。これはすごいことになりそうですね。これによって韓国の李明博大統領は同
日ですが、オーストラリアのラッド首相との電話会談で「北朝鮮に対し断固たる
措置を取る」という決意を語ったそうです。これから一体どのような動きになっ
ていくのでしょうか。韓国の李大統領ですが、週明けに「対国民談話」を発表し
て、今後の対応方針を表明する予定になっています。韓国政府としては、今後国
連安全保障理事会を通じた解決を探っていくのではないかと予想されます。しか
しながら、中国などの常任理事国における足並みは揃っていくのでしょうか。こ
の事件によって、いままで行われてきた6カ国協議再開の可能性はさらに少なく
なっていくのかもしれません。日本は韓国と連携してこの問題に取り組んでいく
ことを決めているそうですが、これからは朝鮮半島の安全保障が大きなテーマに
なってきそうです。





nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。未来を切り拓くため、今後も価値ある情報提供と充実した経済活動を追求し続けます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。