スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 舛添氏が離党届 改革クを「新党改革」に衣替えで調整

舛添さん、離党を決断したのではなく、決断させられた印象が否めません。国民の支持は高そうですが、肝心の自民党内での支持が全くないというチグハグさでした。かえって、国民の支持が高すぎたことが皮肉なことに舛添さんの自民執行部への批判となり、党内支持を固められない結果になった感がある。その批判も自身の新党を臭わすようなブラフ的な批判では確かに、真に自民党再生を願っているとは思われない、即ち人望を得ることは難しいことに繋がったようである。国民の支持のあることを過信した結果であった。
尚、国民から見れば、他の候補者よりは支持が高いが、他が低すぎるだけと見ることもできる。別の見方として、あまりに日和見している点が鳩山さんに似て、リーダーシップには欠けているとしか見えない。絶対勝てると判断できなければ動かないところは、リーダーシップが弱くリーダーとしては消去法では名前が残るが、積極的に推すことはしたくない人である。今回の騒動は本人としては自身の意に沿った行動ではないに違いない。
---以下、朝日新聞引用要約
新党結成を表明した舛添要一前厚生労働相は自民党に離党届を提出した。党名は「新党改革」とする方向で調整。新党参加者は舛添、矢野両氏のほか、自民党に離党届を提出済みの小池正勝参院議員、同党と国会で統一会派を組む改革クラブの渡辺秀央、荒井広幸、山内俊夫の各参院議員の4人。舛添氏は代表、荒井氏は幹事長に就任する見通し。 舛添氏は離党届提出に先立って、国会内で記者団に「一番コストがかからないということで、いったん改革クラブに入らせていただき、これを新党に替える形の手続きになると思う」と述べ、まず改革クに入り、
新党に衣替えする意向を表明した。



太陽光発電
現代画報の飛躍 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナルの掲載企業 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際通信社の国際ジャーナル 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナル 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンとの出会い:報道ニッポン|身につけるために 2009年07月29日の記事 | 現代画報を見つけて 現代画報を再発見:現代画報社|パンダの赤ちゃんが運んできた幸せ 現代画報は現代画報社から出版されています
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。