スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 86歳男性が妻のためにヘルパー2級の資格取得

日光市に住む86歳の男性が、脳梗塞で倒れて介護が必要となった81歳の妻のために、ホーム
ヘルパー2級の資格を取得したのだそうです。
男性は、孫と同じ世代の若者に交じって市のホームヘルパーの養成講座を受け、入浴や食事
の介助方法を学んだそうです。全国ホームヘルパー協議会によると、家族のために資格を取る
という人は多いということですが、「80歳代では珍しいのでは」と話していました。

奥様は市内にある実家の写真館で元気に働いていたのですが、今から5年前に突然、脳梗塞で
倒れたのだそうです。病院で療養してきたのですが、昨年3月に退院して自宅で生活することに
なったのです。男性は、観光ガイドの仕事で観光客を連れて東照宮の周辺を歩いているため、
体力には自信があったといいます。「3人の子供は結婚し、6人の孫もできた。これから楽が
できるはずだった妻のために介護をしたい」と思い立ち、宇都宮市内の専門学校に通って、まず
看護助手の講習を受けたそうです。

以前、雑誌「現代画報」でも取り上げられていた「介護」についてですが、この男性は医師から
高齢者が高齢者を介護する「老々介護」の難しさを指摘され、在宅での介護は見送ることになり、
奥様は特別養護老人ホームに入所しました。それでも「一時帰宅した時には気持ちよく迎えたい」
と、日光市が開いた講座に通い始め、資格を取得されたのです。

今では珍しくはない「老々介護」。介護を楽しんでされている人、また大変な思いをされている
人、様々だと思います。介護する側一人で背負うのではなく、周りの協力を得ながら生活をして
いくのが、良い方法かもしれません。今回の男性は、資格を取得されました。妻への介護に大変
前向きな考えをお持ちなのだと思います。とても奥様に対する深い愛情を感じる記事なのですが、
体には十分気をつけていただき、無理をなさらないでいただきたいと思いました。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年2月号のご案内 | 現代画報社
cyber.sphere.sc 自由が丘のフットケアサロンmeer[現代画報2005年06月号より] 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社の国際ジャーナル 国際ジャーナルの求人 現代画報のグラビア雑誌 wiki 虐待: 現代画報への思い 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナル 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報を再発見:現代画報社|エコカーに賭ける日産自動車 国際ジャーナルの掲載企業 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。