スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 肥大化する郵貯

郵便貯金の預け入れ限度額が1000万円から2000万円に、かんぽ生命保険の保険上限額も1300万円から2500万円に引き上げることが決まりましたね。限度額の引き上げによって、民間金融機関ないし地域金融機関に大きな打撃を与えることになります。預け入れ限度額の1000万円は、退職金などの大口資金がゆうちょ銀行に集中することを避ける安全弁だったのに、これで一気に郵貯へ流れるのではないかという声が多い。貯金の増加は資金の増加となり、事業拡大が本格化すれば、地域金融機関を支えてきた住宅ローン市場への参入は食い止められないでしょう。
その一方で、ゆうちょ銀行の2010年度の営業損失は163億円の赤字だそうですよ。肥大化しても、その運営がお粗末では国が倒れかねないぐらい危険も大きいと思います。今回の改革案に関しては、亀井郵政改革相に押し切られた格好になってますが、迷走してますよね・・郵政見直し。小泉政権の置き土産の一つである、民営化した郵政事業は、この先一体どうなるのか。民間でありながら国営銀行並みの資金をどのように運用していくのか。裏金や使途不明金が生まれても不思議ではありません。きっとこの問題は国際通信社の雑誌で取り上げられることでしょう。鳩山さんがどこまで分かってGOサインを出しているのか、私たち国民にはなかなか理解しづらいところです。





現代画報の美食探訪を読んで
国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報より 眼科根崎医院 国際ジャーナル 国際通信社の国際ジャーナル 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナル 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルで掲載企業されました!: 国際ジャーナルと掲載企業 裁判員裁判 ... 国際ジャーナルの求人 wiki 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナルの掲載企業 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。