スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 国際通信社 高橋大輔さん、銅メダル

バンクーバー冬季オリンピックのフィギュアスケート男子のフリーで2月18日、日本時間では
19日に織田信成さんが演技中、靴ひもによるアクシデントで演技を一時中断しました。
結果、7位という結果になりました。織田信成さんは「靴ひもが前から切れていた。試合前
で感覚が狂ってしまうので、そのままくくってやっていた」と明かしました。
そして「全部ほどけてしまった。自分の責任以外ないです」と声を震わせていました。
日本では、お昼にこの様子が放送されていました。私は、アクシデントの瞬間をテレビで見て
いましたが、急に織田さんが立ち止まったのでどうしたのだろうと思いました。
ですが、アクシデントがあった後、途中から演技を再開しましたが、落ち着きのある素晴らしい
演技を見せてくれました。

また、ショートプログラム3位スタートの高橋大輔さんが247.23点で銅メダルを獲得しました。
同種目で日本に初のメダルをもたらしたのです。
テレビで映っていた表彰台に立つ高橋さんの姿は、私には涙をためているようにも見えました。
そして観客の大歓声に満面の笑みで手を振り、この協議で日本男子初となったメダルを観客に
向けて掲げていました。
また、演技の様子は織田さんと同じ19日のお昼にテレビで放送されていたのですが、最初の
4回転ジャンプで転んでしまったものの、その後は素晴らしい演技だという評価を得ていました。

インタビューでは「すごくうれしい。オリンピックは目標だった。大舞台でメダルを獲得した
ことは、自分にとって自信になり誇りに思う」と喜びを語っていました。
高橋さんは、大きな怪我を乗り越えてのオリンピック出場でした。日本でも怪我のことは大きく
取り上げられ、それでも高橋さんの実力に期待する声は大きいものでした。
本当におめでとうございます。


経済がわかる報道通信社の報道ニッポンは経済誌
現代画報との出会い 掲載料 取材します 取材しました ニッポンの夜明け 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 大阪 報道通信社 取材 現代画報 刑法 東京 国際通信社グループ 発行部数は約3万部 民法 取材 タレントがインタビュアーになり取材します 報道ニッポン G 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 商法 現代画報 グラビア 2009年07月の記事 | 現代画報を見つけて 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 評判の雑誌って? 取材です 国際ジャーナル Y 報道通信社 取材 報道通信社と取材 聖ヴァレンティヌスの殉教 : 報道ニッポンの報道特集を ... 名古屋
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。