スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 新しい理想に向かって

今朝、ラジオを聴いていたら「世界基軸通貨としての米ドルに未来は無い」という話をしていました。このところの円高ドル安の相場については、為替介入の是非を巡って藤井財務相の発言が注目されていますね。まあ 経済ばかりは専門家でもなかなか正確には予見できないと素人は思うのですが。1ドル50円もあり得るなんて発言を聞くと、びっくりますよ。でも、1ドル360円という時代があったのだから、1ドル90円が50円になってもおかしくない、と言われると「そうだよなあ」とも頷いてしまう。
アメリカが世界経済を牽引する時代は、ニクソンショックの時にもう終わっていたと断言する専門家が多いですよね。ユーロや人民元が取って代わるのは時間の問題とも言われてますが、もう一国集中の経済形態は20世紀的考え方であると、ラジオでも話してました。オバマ大統領も、世界の全ての国が自身の役割を果たす時代が来た、というような発言をしてましたね。経済に関してもそうです。アメリカ一国ですべてを背負うには荷が重いですわ。ましてや円が基軸通貨になることは・・ちょっと考えられないですね。
これまで日本の経済は盟友アメリカの動向に翻弄され続けてきました。でも、この世界不況、政権交代を機に、見直しの時期がきているのは確かです。報道ニッポンでは「再生日本」という特別企画が連載されていますが、日本経済を再生させる鍵は何か、不況のどん底にある今、各企業は糸口を見つけようと躍起になっています。素人が考えるに、おそらく環境保護の観点からも使い捨ての産業には未来は無くて、やはり繰り返し使えるものシェアできるもの、または逆に特化しているもの個人的価値観に合致しているもの、ユニバーサルとパーソナル・・そこに上手くバランスが取れる企業が生き残るのではないかと思います。勝手なこと言ってます、あくまで理想。でも、経済でも何でも、原動力としての理想はあると思うのです。その理想に向かって具体的なヴィジョンが無ければ、成功した姿も想像できないですよね。



国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
リフォーム
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。