スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 日本が表明した地球温暖化へのイニシアチブ

政権発足後アメリカに旅立った鳩山総理大臣ですが、ニューヨークの国連気候変
動サミットにおいて、2020年までに1990年比25%の温室効果ガス削減
の中期目標を「国際公約」として表明しました。環境問題における日本の高い意
欲を示した内容となっています。国際ジャーナルなどでもよく特集されています
が、地球温暖化のみならず、石油に頼っている世界のエネルギー問題からも、い
かにしてCO2の排出量を減らしていくのかという事は、21世紀の大きなテー
マではないかと思います。日本の経済界においては、25%削減という数字は非
常にリスキーであり、日本単独での負担が増える事による景気への悪影響を心配
する声も聞かれています。一方、北欧諸国などからは、日本の表明に対して高い
評価の声も上がっています。かつて日本は、自動車の排ガス規制についても、欧
米の圧力に負けずにクリアしてきた実績があります。今回の25%削減について
も、新しい産業の創設という観点から、前向きに取られていくのも良いのではな
いかと思います。また、世界に対して日本の環境政策に対するイニシアチブを表
明する絶好の機会でもあったと思います。これから日本全体で達成に向けて頑
張っていきたいものですね。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。