スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 児玉清さんの悲報を受けて記者会見

俳優の児玉清さんが亡くなったニュースは、テレビや新聞でも大きく取り上げられて
いました。児玉さんの物まねをする芸人といえば、博多華丸さんです。
都内で記者会見を行った華丸さんは、2、3年ほど前に会ったのが児玉さんとの最後
になってしまったという話をしていました。物まねについては「もうそろそろいいん
じゃない?・・・っていう声が聞こえてきそう」と話していました。
華丸さんだけではなく、多方面で児玉さんが亡くなったことを悲しんでいる声が
テレビでも報じられていました。なんといっても「アタック25」は、長寿クイズ
番組で、多くの人が楽しんで見ていたのではないでしょうか。
非常に残念でなりません。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

月刊ザヒューマン JALが黒字に!

日本は暗いニュースばっかりではなく、明るいニュースもあるんですよ~!なんでも日本航空、いわゆるJALですが、JALが発表したことによれば、2011年3月期の連結営業利益が1884億円で、いままでで最高の黒字額だったのだそうですよ。JALがまさか潰れるなんて~っと、今後の日本経済が心配でしたが、JALが不採算路線から撤退したり、JALの人には可哀想だけど人員削減などのリストラ策が成功したようで、更生計画で見込んだ黒字額641億円の約2・9倍になったんだとか!

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報

国際ジャーナルはビジネス誌 高齢者のインターネット利用率

新聞に載っていた記事なのですが、総務省が5月18日に2010年末時点の
インターネット利用率が、70歳代が39.2パーセント、80歳以上が20.3
パーセントと、いずれも上昇していると発表したのです。
また、6歳以上の全体では78.2パーセントと0.2ポイントの上昇に
とどまっていて、高齢者のネット利用の増加が目立っているということです。
様々な情報がインターネットから知ることが出来るというのは、高齢者にとっても
便利な環境ではないでしょうか。「高齢者」に関する記事が、以前に雑誌「現代
画報」にも載っていたと思うのですが、最近ではどんな情報でもインターネットに
接続してから・・・ということが多いと思います。
脳の活性化のためにも、利用することは良いことかもしれませんね。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
報道通信社

国際ジャーナルのニュース オタク政治家?!

政治家って、いろんな人がいますよね~。こんなニュースも見つけましたよ!なんでも県議会の正副議長選挙で、民主党の松本清さんが投票用紙の裏面に落書きをしていたことが発覚し、問題となっていたようです。結局、松本さんが県議会の地方分権・行財政改革特別委員長を引責辞任することになったということが5月23日に分かったそうです。民主党は同委員長ポストも返上するとみられているようですが、この松本さんという人は5月20日の県議会本会議で、同委員長に就任したばっかりだったそう。なのに19日の議長、副議長選の各投票用紙の裏面に、人の顔のような落書きを漫画風に描いたのだとか。しかも絵の近くには漢字やカタカナも書かれていたそうで、実はオタ?この用紙は表面に落書きがなかったため、有効票と認定されていたそうですよ。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル
現代画報

国際ジャーナル 月刊誌 復興計画の作成に対するスピード

東日本大震災に対する復興基本法案と内閣法改正案がこれからの衆院本会議の焦
点となりそうです。震災発生から2カ月以上たっていますが、菅内閣の 中で復
興に対する体制を検討していること自体が対応の遅れを象徴していると言われて
います。この問題に対しては与野党を合わせて組織論を早期に決 着させて欲し
いと思います。そして、本格復興に向けた対策の中身の議論を早急に固めるの
が、今国民から求められている点ではないかと思います。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
現代画報

国際通信社 コマンドマガジン オネエ系タレント人気ランキング

みなさんのお好きな「オネエ系タレント」さんは、誰でしょう?なんでもORICON STYLEが、「もっとも好感を持つオネエ系キャラタレント」のアンケートを10代から40代の男女を対象に実施したそうです。その結果、1位はマツコ・デラックス、2位はニューハーフタレントのはるな愛、3位は尾木ママだったとか。かなりうなずける結果ですよね~!私個人的には、1位ははるな愛さんで、2位は尾木ママかなあ~、マツコ・デラックスさんも面白いんですよね!

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル ゲーム 常識的に判断

新聞に載っていた記事ですが、菅首相が6月7日午前の閣議後の閣僚懇談会で、自ら
の進退に関して「常識的に判断したい」と話していたそうです。
今、テレビや新聞で毎日のように大きく取り上げられているのが菅政権の今後では
ないかと思います。今後、どのような状況になるかは分かりません。以前に国際通信社
から発行されている雑誌にも載っていた「政権交代」。この政権交代前後にはとても
大きな声援を受けていた民主党ですが、今は厳しい状況にあると私は感じています。
この状況をどう乗り切るか、大変かも分かりません。今、この国はまだ不景気で
多くの人が大変な生活を送っています。震災の件も当然大切ではあります。が、
この国全体が前向きにいけるような努力をしていただきたいと思います。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

国際ジャーナルのまとめ 3D画像のリスク

最新の家電を試したり体験したりするのって、子供ではなくてもワクワクするものですよね~!けれど、新しい食料品や最新の製品て、そのあとの後遺症といったリスクがすぐにわからないのが怖いところです。それで気になってしまうのが、映画やテレビの画面が立体的に見えるということで、今や映画館でも上映されるようになった3D画像。もちろん立体に見えるものが画面から飛び出してくるので、迫力のある映像が楽しめると大好評なのですが、ここで頭に入れておきたいのが、過去に3Dが普及されていなかったため、3Dを長期にわたって見た場合の研究結果がないということです。だいたいこういうのって、後から「危険」な問題が浮上したりして、厚生省から待ったがかかったりしますからね~。というわけで、3Dテレビが普及される前に知っておきたいのが、子供への目の負担を考えておくことです。3D映画を安全に楽しむために、今言われていることといえば、視聴できるようになる年齢は5-6歳以上で、見るときの照明にも気をつけ、子供に3D画像が立体的に見えているかなどを確認し、目をこすったりといったサインは見逃さないようにすることだそう。また、30分に1回は休憩をとり、体質的に合わないと言ったこともないかを観察することが大切だそうです。そこまでして3Dにこだわらなくても。。?!

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報

報道通信社の雑誌とは アイナメから規制値超のセシウム検出

検査のための採取ということで、市場には流通していないそうですが、

放射性セシウムが魚介類からはじめて検出されました。



福島県いわき市の沖約10キロ~22キロのあたりで捕獲したアイナメ

エゾイソアイナメ、また海岸近くのキタムラサキウニから、暫定規制値

である1キロ当たり500ベクレルをを超えたそうです。



これでも、やはり汚染水をまた海に放出するのですか?

もう海をこれ以上、汚染しないようにする対策はないのでしょうか・・


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道通信社
現代画報

国際ジャーナル・現代画報を確認 吉野ガーリック

新聞に載っていた記事ですが、普通のニンニクの5、6倍の大きさを誇る佐賀県吉野ヶ
里町の特産品「吉野ガーリック」の収穫が6月8日に始まったそうです。この収穫は
翌日の9日まで続けるということです。
このニンニクは2007年から生産しているそうです。
ただ作付け時期が昨年夏の猛暑と重なった影響などで、収穫量は昨年の半分程度に
とどまるのだそうです。小粒なものはおおいようですが、味は間違いなく良いという
ことでした。
どんな味がするのでしょうか。疲労回復などにニンニクは良い・・・と聞いたことが
あります。特産品となっているようなので、きっと味には間違いないのではないで
しょうか。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

ブラックホークとは?国際通信社 新手の詐欺、節電利用か!?

京都市内の民家に、関西電力の下請け会社社員を名乗る男から、「太陽光発電システ
ムを

設置していない家庭の場合、1480円が必要になる」と現金要求ともいえる不審な
訪問

があったそうです。



女性が交番に通報したことから今回の件が発覚しまし、府警が「節電が求められてい


ことを利用した、悪質な詐欺の可能性がある」として、注意を呼びかけています。



詐欺というのは、本当になんでもありですね。

そして一番弱い部分につけむ、許せない犯罪のひとつです。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル

ザヒューマンで読む最新記事 イタリアの原子力政策の動向

東京電力福島第一原子力発電所の事故によって国際的な原発への見直しが進みそ
うですが、今回の事故を受けて原発の新規建設計画を凍結したイタリア では、
原発の是非を問う国民投票が行われることになっています。イタリアでは、
1986年のチェルノブイリ原発の事故を受けて、すべての原発が廃 止されま
したが、ベルルスコーニ政権は電力の自給率を高めようと原発の新規建設を打ち
出していました。その政策については、改めて投票になりそう ですね。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社のネットのインタビュー記事 福島原発第2原子炉の扉が開くかもしれません

福島第一原発2号機原子炉ですが、作業環境を改善することを理由に、

建屋内の放射線濃度と湿度を下げるもが目的として、

原子炉建屋とタービン建屋接続部にある二重扉の開放を、今月後半にも

おこなう計画があるそうです。



そうなれば当然、大気中に放射性物質が放出される可能性がでてきます。



経済産業省原子力安全保安院が、具体的な作業手順に加え予想される

環境影響を報告するよう東京電力に求めたそうですが・・・



たしかに0・16ベクレルに、湿度は99・9%の環境で作業などは現実

無理だと思いますが、しかし、これ以上の放射能放出も許したくないです。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル
国際通信社

フェイスブックで国際ジャーナル トシちゃんの娘

17歳のグラビアアイドルとしてデビューしていた、綾乃美花さん。実は綾乃美花さんて

歌手の田原俊彦さんの娘さんなんだとか!みなさん、ご存知でしたか!?ビックリですよね~!笑った顔の目元なんか、お父さんに似てるといえば似てるかも?!田原さんがバックについているなら、前途多難ではなく、順風満帆かもしれませんね。関根勉さんの娘さんのように、これからビックになるか見ものの綾乃美花さん。まだご存知ない方は、画像だけでもチェックしてみてくださいね。

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル

ブラックホール・月刊・国際通信社 哀小出翔、逮捕される

びっくりのニュースを発見!もともと哀川翔さんの物まねで売れていた哀小出翔さんというタレントさんが、自宅マンションで女性に包丁を突き付け、現行犯逮捕というニュースです。なんでも井上英樹容疑者(哀小出翔)は、6月9日の午前8時半ごろに、知人の女性に「こら殺すぞ」などと怒鳴りながら、台所にあった文化包丁を突き付けて脅したんだとか。二人は一緒に飲んでいて口論になったようで、女性のほうが110番通報したそう。やっちゃいましたね~。

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社
報道ニッポン

国際通信社のネットのインタビュー 北九州市で節電対策

新聞で読んだ記事なのですが北九州市の市長は6月13日に、夏場の節電対策として
7、8月を「ノー残業マンス」として、市庁舎の全7区役所で午後6時に一斉消灯
する意向を明らかにしたそうです。
自治体で節電のために一斉小党するという取り組みは全国的にも珍しいという
ことです。視によると、期間中は職員に残業をさせず、午後6時の各課の課長か
担当課が消灯を確認して回る予定だということです。
原発問題が起こってから全国的にもテレビや新聞で「節電対策」に関する報道が
頻繁にされています。少しでも電気を使わないようにすることで、役に立つこと
があるかもしれませんね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

ビジネスの月刊誌国際ジャーナル 原発事故の調査結果が気になる

福島の原発事故に対するIAEA調査団の報告が行われましたが、その概要につ
いては、およそ1週間にわたる調査で得られた事実関係を整理している そうで
す。そして、事故対応や津波に対する備えなど、一部について問題点などを指摘
する内容となっています。詳細な分析はこれから行われると思い ますが、今
後、事故が起きた原因の背景にどのように迫り、教訓を導き出すのか、世界の原
発の運営に対して、この点がこれからのポイントになってき そうです。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報
報道通信社

月刊誌・国際ジャーナル 日本海で近海クロマグロ豊漁ですね

夏に最盛期となる日本近海のクロマグロ漁、早くも豊漁が続き卸値が

値下っているそうです。

今年は、鮮度抜群の高級マグロが安価で店頭に出回るようですね。



築地市場では、鳥取産のクロマグロ1匹約35キロクラスですと1キロ

当たり1200円前後ということで、

昨年より1割以上も値が下がり、国内養殖マグロのほぼ半値となって

いると。



またマグロの質も、鳥取産はしっかり脂が乗っていて、赤身にも張りが

あると、築地の仲卸業者の方が話していました。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社
報道通信社

月刊誌・国際ジャーナル これから倒産が増えていく可能性について

倒産が最近は増えていますが、その理由をみると、震災の影響による消費の冷え
込みで売り上げが減少したことがメインとなっています。報道によると 全体の
26%を占めているそうです。この問題について信用調査会社では、被災地で地
震や津波の被害を受けた企業については、事業の現状がどうなっ ているのか今
も十分、把握できていないケースがあるそうです。今後も震災関連の倒産は増え
る事になってきそうで、日本経済への影響も心配です。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
国際通信社

月刊誌・国際ジャーナル ベスト・ファーザーイエローリボン賞

新聞やテレビでも取り上げられていたのですが、6月7日に「ベスト・ファーザー
イエローリボン賞」の授賞式が行われたそうです。東京都内のホテルで開かれたようで
今年の「最もすてきなお父さん」に選ばれた5人が発表されたのです。
受賞したのは富山幹太郎さん、宇宙航空緊急開発機構教授の川口淳一郎さん、タレント
の中山秀征さん、俳優の杉浦太陽さん、プロレスラーの佐々木健介さんでした。
それぞれコメントを言っていましたが、家庭でも素晴らしいお父さんなのではないで
しょうか。子供のために色々と動いてくれるお父さんかもしれませんね。
6月19日は父の日ですね。みなさんはご自分のお父さんに感謝の気持ちを贈りますか?


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
現代画報社

月刊誌・国際ジャーナル 山口もえさんの夫が逮捕

朝から大きく取り上げられていたのが、タレントの山口もえさんの夫が、6月7日に
無許可でキャバクラを営業したとして、風営法違反容疑で逮捕されたというニュース
でした。夫は、容疑を否認しているということです。
今回の逮捕について、奥様の立場である山口もえさんはお詫びのコメントを出したそ
うです。旦那様の逮捕というのはとてもショックなことだと思います。
ただ、山口もえさんはお母さんという立場の人でもあります。子供が動揺しないよう
に子供のフォローを優先に考えてあげる必要があるかもしれません。
本当はそれも大変かもしれません。でも、まずは子供のことを考えてあげてほしい
と思っています。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナル 梨花さんが妊娠

タレントの梨花さんが第1子を妊娠しているということが6月7日に
分かったのだそうです。新聞記事に載っていました。
所属事務所の話では、現在5か月だということです。安定期に入ったのでしょうか。
そして出産予定日は11月だということです。梨花さんは昨年の1月に建築関係会社
勤務の男性と結婚しました。そして結婚2年目のおめでたい話だということで、
新聞記事によると、梨花さんは妊娠が分かった時とても喜んだということです。
小さな命が自分のお腹の中に宿ったと分かると、やはり嬉しいですし感動すら感じ
るのではないでしょうか。それが親の勝手な気持ちで虐待という悲しい事件が
起きるのは本当に残念です。国際通信社から発行されている雑誌にも同じような
テーマの記事が載っていたように記憶しています。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

ザ・ヒューマンの経済誌 北朝鮮の食糧事情が与える今後の影響

北朝鮮の食糧事情を巡って、今現在は国際社会ではどのような状況になっている
のか気になるところです。今年の3月に、国連のWFP、いわゆる世界 食糧計
画が北朝鮮で行った調査を基に、43万トンの食糧支援を呼びかけているそうで
す。これについて韓国はどのように反応するのでしょうか。韓国 政府として
は、去年の哨戒艦沈没事件などに対する北朝鮮の謝罪がないかぎり、一定規模の
支援には応じられないという立場をとっていると考えられて います。



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

ザ・ヒューマンの経済誌 自民党に対する原発推進の責任について

日本のこれからの電力について考えると、長年、政権与党として原発を推進して
きた自民党にも責任があると言えるかもしれません。自民党本部で開か れた
「エネルギー政策合同会議」ではその点も議題になった様です。電力需給の問題
と将来のエネルギー計画について、超党派の議論が求められていま す。甘利元
経産大臣は与党時代、エネルギー政策の中心にいて、原発を推進する立場でした
が、自民党の新しい原子力政策を考える代表となっていま す。





ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報
報道通信社

ビジネスと国際ジャーナル スイス、34年までに脱原発

スイスの原子力発電シェアは約4割。

脱原発に伴い、省エネ推進や水力、再生可能エネルギー開発をすることで対応してい
くそうです。



これはもちろん、福島第1原発事故を受け、原子力政策を見直した結果の判断。



新設は禁止し、現在稼働している4カ所の原子炉5基は耐用年数を迎える2034年までに
順次廃止する。

また、北部ベズナウ発電所など、老朽化が進んでいた原子炉3基の改修計画を即時凍
結したそう。



前向きで素晴らしい国だと思います。

あとは電力が足りないからと、周辺の国の原発から電力を買わなければ完璧ですね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
国際ジャーナル

報道通信社からビジネスシーンで 原子力災害対策本部のあり方を考える

菅政権が設置している原子力災害対策本部ですが、東京電力福島第一原子力発電
所事故に対する政権の今後の取り組みを、「原子力被災者への対応に関 する当
面の取組方針」という形でまとめています。これによって原発事故の被災者を
「国策による被害者」と明記しているのがポイントです。今後は、 国が最後ま
で責任を持って対応する事になりそうです。それに伴って、原発事故への対応の
具体的道筋を描いたロードマップも発表されています。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

現代画報・国際ジャーナル・取材 いまこそ節約をしっかりと進めていきたい

震災によって避難している住民の方々は、本当に大変な日々を過ごしていると思
います。特に、原発事故によって避難している人の場合、いつ地元に戻 る事が
できるのかがわからず、つらい日々を過ごしていると思います。東京電力を始め
として、今までの日本が進めてきた原発政策を、今一度見直す必 要があると感
じます。電力については、使うだけの量をベースに供給するのではなく、節約を
しながら大切に使っていくという考え方が重要だと思いま す。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社
報道ニッポン

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 山本太郎さんが今、一番格好いい!

最近、福島原発の件で反対する芸能人として、山本太郎さんが挙げられていましたよね。「東電に逆らったら、きっと番組干されちゃうんじゃないかなあ、けれどそれを承知でやってるんだろうから、偉いよね」と、友達との間でも話題になっていましたが、とうとう事務所を辞めてしまわれましたね~!けれどどう考えても、山本太郎さんは勇気があって、格好いい!福島の子供たちのために、日本の未来のために、自分の職業を変えてでも一緒に戦う姿は、ファンが増えちゃいそうですよね!!

日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

ザヒューマンで読むビジネスチャンス 電力不足対策の具体的な内容

この夏懸念される東京電力と東北電力管内の電力不足対策について、経済産業省
の対応が注目されていましたが、大口の利用者に対する電力の使用制限 の実施
を正式に決めたと報道されています。詳細については、被災地の避難所などは対
象外としています。また、市民生活への影響も考慮されており、 病院や鉄道は
去年と同じ水準まで使用できるようにするなどの例外対策がとられています。夏
の暑い季節に向けて、節電の動きも本格化しそうです。





大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
現代画報
フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。