スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌 報道通信社 現代画報 社会保障の体制をどのように作り上げるか

社会保障と税の一体改革を議論する必要性が高まっています。この問題を討議す
る集中検討会議ですが、複数の委員が、消費税率の引き上げは段階的に 行うの
が望ましいという報告をまとめているそうです。社会保障と税の一体改革の議論
は、これから社会保障の財源として消費税率の引き上げに向けた 検討に入る予
定です。税率を引き上げた場合の影響について有識者による議論が進んでいます
が、世論がどのように反応するかも注意するべきでしょ う。




ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

国際通信社 国際ジャーナルとは ジョニー・デップはイギリス王室の遠縁?!

ぐおー!ジョニー・デップってキャプテン・ジャック・スパロウの役を見て以来、タダものではなさそうって思っていたけれど、なんだかイギリス王室と遠縁かって言われているみたいですよ~!なんでも今から500年以上前に、14世紀にイギリスに住んでいたフランス人新教徒のDeppes一族がご先祖だそうで、エドワード3世の直接の子孫がご先祖にいるのだとか。ちなみにエリザベス女王もエドワード3世の子孫だそうで、やっぱタダものじゃなかったか!

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報

太陽光発電 国際ジャーナル 電力 伝統の味を復活

新聞に載っていた記事なのですが、130年もの歴史を持つ銘菓「元祖いかせんべい」
を製造する岩手県宮古市のお店が5月11日に工場を再開したそうです。
製造機械の手入れなどを勧めて、13日頃から生産に入るのだそうです。
再雇用を希望する元従業員らとともに「伝統の味」の復活を目指すということです。
震災で大変な状況であるように思いますが、復興、復活のニュースを耳にすると
嬉しい気持ちになります。
なじみのお客さんからも元気が出る言葉をもらったとのことでした。
多くの人からの言葉や支えというのが、何よりも嬉しいことでしょう。
これからも大変かもしれませんが、頑張っていただきたいと思います。
ぜひ、歴史を途切れさせることなく・・・。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
現代画報

節電対策 国際通信社 たいしくん

全国にも「ゆるキャラ」と呼ばれているキャラクターが数多くいると思います。
太子町では聖徳太子をモチーフにしたマスコットキャラクター「たいしくん」が
府生菓子協同組合の若手経営者ら約110人でつくる「府生菓子青年クラブ」の
「おおさか和菓子親善大使」に任命されることが決まったのだそうです。
聖徳太子が派遣した遣隋使の小野妹子が中国から持ち帰ったあんなどが和菓子の
由来になったとされているそうです。太子町は「大阪の和菓子の活性化に役立て
れば光栄」と喜んでいるそうです。
新聞に載っていた「たいしくん」の写真、とてもかわいい表情をしていました。
幅広い年齢層の人たちから愛されるキャラクターになるのではないでしょうか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナルのビジネスパーソン 携帯電話の空き番号

新聞に載っていた記事なのですが、総務省が「070」で始まるPHS専用の
電話番号を携帯電話でも使用できるよう、関連規則の改正をするということが
5月の11日に分かったのだそうです。
これは、携帯利用者の急増で新規契約者などに割り振る空き番号が2014年頃
には枯渇する懸念があるためだそうです。
確かに今は「持っていて当たり前」と言われてもおかしくないような気がします。
携帯電話は、子供にも持たせている親がいるくらいです。
そして高齢者向けの携帯電話も発売されています。「高齢者」に関する記事は、
以前に雑誌「現代画報」にも載っていたように記憶しています。
番号がなくなってきているというのは、当然のことかもしれませんね。
それくらい、多くの人が持っているわけですから。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊国際ジャーナルの取材で 一週間は短い

一週間に10日来い~・・・なんて、古ーい歌にあったような・・・

なんで一週間に10日か、というと、
ある時期の私は、ハードなWワークをしていまして、
昼は週6日、8時間~11時間位のフルタイム勤務。
夜も8時間のフルタイム勤務、というのを週に3日程こなしていました。
そうすると、単純に8時間×6日=48時間プラスアルファ+8時間×4日=32時間で
最低でも週に80時間+アルファ働いていました。

こうなると、一週間て何日あるの?って話ですよね。
まあ、残業やらなにやらで、コレくらい働いてる方は多いと思いますが・・・

こんな生活を続けていると、日々の区切りがあまり無くなってしまいますね。

深夜労働が終わった後一時間ばかり仮眠して、
すぐ昼の仕事に出勤。昼の仕事が終わると二日分の睡眠をとりたいのだけれど、
目が冴えすぎて、寝られない。
お家でずっと待っていてくれた猫とくっついては、いつも2時間位ずつの
浅い眠りを繰り返していました。
だから月に何度かはもう正体不明になるくらい爆睡。
猫も呆れて、何度も顔をバンバン叩きに来ました・・・・

そんな生活も2年程で終わりましたが、我ながら、タフだなーと。
そのせいか、眠るのが大好きな私ですが、いまだに徹夜も苦になりません。
もっとも、今では、好きなことに熱中しての徹夜に限りますが・・・

隣にあるコインパーキングもガラガラです。
なのに仕事に出ている私。
誰かが言ってましたが、条件の悪い職場で働きなれてる人は、例え転職しても、
また、同じような環境に身を置いてしまうとか。
ああ、楽に生きたいです。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポン
現代画報社

月刊国際ジャーナルの取材で 中国からの観光客の貯蓄について

先日、久しぶりに市内をぶらぶらしてみました。最近では国際ジャーナルでも報
道しているように、中国からの観光客がたくさん来日しているのを実感すること
があります。特に、家電量販店などで見かける外国人の姿もすっかり普通のシー
ンになっているのではないでしょうか。これはフランスでいえばパリのエッフェ
ル塔ですし、アメリカならニューヨークで自由の女神という具合に、日本での観
光名所なのかもしれません。海外の行きたい場所はたくさんありますが、自分の
家の近くですと、なかなかわからないところもありますね。最近の中国人は貯蓄
額も増えているのでしょうか?これが海外旅行の増加と関係があるのか、ちょっ
と気になるところですね。多く貯め込んでいる家族ほど、海外旅行などの贅沢は
していないのかもしれません。中国の富裕層とはよく言われますが、要するに、
少数の大金持ちのことなんでしょうか。それとも庶民がお金を持つようになって
いるのでしょうか。このあたりの実感は、まだわからない点もありますので、国
際ジャーナルでも取り上げて欲しい話題のひとつではありますね。いずれにして
も、中国からの観光客は、これからも増えていくのは確かなことではないでしょ
うか。







日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

報道ニッポンの取材 自衛隊の縮小

新聞に載っていた記事なのですが、防衛省が5月9日に東に本題震災の被災地支援に
10万人体制であたっている陸海空3自衛隊について、被災発生2か月となる5月11日をめどに、縮小を始めることを明らかにしたそうです。
5月末時点で6万人強に減らす方針を明らかにしたそうです。
まだまだ被災地は大変な状況であると思います。テレビを通じて見ると本当に心が痛みます。
これまで色々と作業をしてきた人たちだと思うのですが、いよいよ縮小が始まるとなると、被災地のみなさんはどう思われるのでしょうか。
まだまだ助けてほしいという気持ちもあるのかもしれません。また別の意見もあるかも
しれません。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報社

月刊誌現代画報から 焼肉集団食中毒事件え生肉をネット販売していた!

集団食中毒事件をおこした焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」を展開しているフー
ズ・フォーラス社が、

問題のユッケを仕入れていた卸売業者「大和屋商店」の役員とみられる男性が、ユッ
ケにも使える生肉を

インターネットで、「交雑種/外モモ/B2です。赤身率が高くユッケやロースで使
用できます」と説明し、

通信販売していたそうです。



ちなみに、サイトに表示してある業者の所在地やファクス番号は大和屋と同じで、男
性の名前は大和屋の

登記簿に記されている取締役の名前だそう。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社

月刊誌国際ジャーナルの国際通信社 嵐

今ではCMや番組など、嵐を見ない日はないくらい活躍されています。また、年代を問うことなく
ファン層が広いのではないかと思います。私も、嵐が出演されている番組をよく見るのですが、
ひと昔前のアイドルとは違った、面白さもあり、また体力を使ったりなどと見る側を存分に
楽しませてくれるのが魅力なのでは、と私は思います。
その時代時代で、人気のあるアイドルやタレントがいらっしゃいますが、多くの人に認められて
いるからこそ活躍されているのでしょう。
これからの嵐のみなさんの活躍を応援したいと思っています。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
現代画報社

報道通信社の報道ニッポン 意味なく泣くわけがない

本当に途絶えることのない「虐待」。以前には、雑誌「現代画報」でも取り上げられていま
した。ほんの些細なことで我が子にストレスをぶつけたり、我が子の命を親の手で奪うのです。
私も子供がいて、今、まさに育児中です。子供はロボットではないので、親の思うとおりの
行動をするわけがないのです。それを思うとおりにいかないからと、子供を傷つけるというの
はありまにもひどすぎます。それに、そのような行為をする親は親ではありません。
今回の虐待の話では「意味なく泣いていた」と父親が警察に話しているということですが、
赤ちゃんというのは、意味なく泣くわけがないのです。理由があって泣いているのです。

赤ちゃんは話をすることができないので、自分の要望を親に伝えるために泣くのです。

それを「意味なく」と発言する時点で、親ではありません。私はそう思います。
多くの地域で「虐待防止」の運動をしているそうです。親が育児に悩んだとき、相談できる
友人、知人が周りにいないのであれば、地域に相談しましょう。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報

ザヒューマンにて 若い人の意見

今や、市長や知事は若い人が就任されているように思います。人によっては「若いのに大丈夫
なのか」「経験不足なのでは」と厳しい意見を持っている人もいるかもしれません。
だからといって、年齢を重ねた人が就任してきちんとしたことができるのかというと、これも
また疑問なのではないかと私は思います。そのような人の考えも大切だとは思いますが、若い
人の意見も大切な時があるのかもしれません。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社

国際通信社の国際ジャーナルとは 男性の育児休暇取得

男性の育児休暇取得というのは、まだ難しい状況であるかと思います。本来であれば、両親で
育児を共にすることが、子供への愛情や育児の奥深さが共に理解できるのではないかと思うの
です。ですが、母親が育児のほとんどをして、そして家事もするという生活になっています。
母親もストレスが溜まり、そのストレスを我が子にぶつける・・・これが、以前に雑誌「現代
画報」でも取り上げられていた「虐待」につながることもあるのではないでしょうか。我が子
は、両親の何にも変えられない宝なのです。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社の国際ジャーナルとは 邦画の味

紙媒体のメディアの危機が叫ばれる中、映像業界も同じように衰退の波が押し寄せてきています。テレビ離れ、映画離れはここ数年著しいですね。みんな一体どのように日々を過ごしているのか不思議になるくらい、新聞も雑誌もテレビも読まなく観なくなっています。こんな風に書いている自分はどうかというと、確かに、新聞は取ってないし雑誌は滅多に買わないしテレビもニュースと特定の番組以外はほとんど観ません。なぜ?と聞かれると・・特に必要だと感じないから。ネットがあるし。と答えてしまいます。かと言って、インターネットをべったり観ているかというとそうでもない。不思議ですねえ。最近は頑張って本を読んでますが。
国際ジャーナルに「邦画を日本の“文化”として捉えよう ──文化を守るのは国・産業・国民だ」という、なかなか骨のある記事が載っていて、そういえば文化としてちゃんと捉えられているだろうかと、自問させられました。邦画には邦画だけにしかない「日本語の美しいセリフ、日本人としての感覚、日本人の視線」というものがあるわけです。それなのに、邦画には迫力がないとかSFXがちゃちいとかエンターテイメント性に欠けるとか、うるさいわ!そいうハリウッド的なものを邦画に求めるな!と言いたいですね。小津映画のようなものをアメリカ人が撮れないのと一緒ですよね。邦画には邦画の味があるんだから。それを分かって撮っている監督の作品を観て、映画業界を私たち国民をあげて盛り上げないと。





ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
現代画報社

ザ・ヒューマン 経営者 日本の観光における新しい動き

最近は現代画報社の雑誌などを見ながら、国内旅行のプランニングを考えてみた
りしていますが、このところ、日本へくる外国からの観光客の動向はどうなって
いるのか気になるところです。浅草や京都などは定番の観光地ですが、最近はや
高尾山や秋葉原などが外国人から見た新しいスポットになっているのかもしれま
せん。特に高尾山ですが、都心から比較的近くて、さらに美しい自然がたくさん
残っていることが好評の理由の様です。日本の観光を紹介する旅のガイドブック
には、その他にも、今まで日本人が気に留めていなかった日本の観光地が多く紹
介されてきているのかもしれません。また、秋葉原の電気街やメイド喫茶も、外
国人には好評です。ここは日本人にとってもちょっと変わったスポットであると
言えます。外国人が秋葉原に対して興味を感じているところはどんなところなん
でしょうか。日本独特の文化と、電気街に象徴される新しいテクノロジーの入り
交ざったところが面白いと感じさせているかもしれません。日本の観光について
は、これから新しい産業として政府でも力を入れているところですが、外国人の
目からみた、新しい日本の魅力がでてくると、これは面白いのかもしれません。







国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマン 経営者 親の態度

最近、新聞で児童虐待を伝える記事がずいぶん増えたような気がします。命を取
り留めた子はまだしも、死んでいった子が受けた仕打ちを考えると、ほんとうに
やりきれない気持ちになります。

保護された子供の行く末についても、心に受けた深い傷をどうやっていやしてい
くのでしょうか。

最悪の事態になる前に保護されるべきなのですが、これがなかなか難しいようで
すね。

周囲が虐待を疑っても、親が強く否定し、子供が親をかばってしまっては、介入
しづらくなります。

先日新聞に、大阪市内の医療機関が、市の児童相談所と連携して、子供が虐待さ
れているかどうか判断するチェックシートを作ったという記事がありました。チ
ェック項目は61にも上ります。

その中で紹介されていたのが、子供の状態の他に「親の態度」。

順番が待てない、スタッフに食ってかかる、以前のことをたずねると極端に嫌が
る、独特の育児法を主張する…等々。本来の医療行為とは関係ない親の態度もし
っかりチェックし、虐待かどうかを見抜こうというわけです。

現代画報」2009年2月号に、児童虐待についての記事がありました。

医療機関は、子供が虐待を受けている場合、一番わかりやすく追求しやすい機会
だと思います。

ぜひこのチェックシートを参考にして、子供が不幸にならないように手を差し伸
べてあげてほしいものです。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

東京国際ジャーナル コンタクトとめがね。

 コンタクトレンズのずさんな手入れから、感染症が後を絶たないらしい。眼科医を中心に指摘されている「アカウントアメーバ角膜感染症」は充血や視力障害、さらには失明という深刻な事態を引き起こす感染症だそうだ。コンタクトレンズの消毒などを洗面所周りで行うために、衛生状態が悪く、微生物の温床になってしまっているという。
 私はほとんどめがねであるが、コンタクトも持っている。そして例外なく洗面所においてある。さらに、随分前から使っていないので、今度つけるときはどうなっているのかわからない状態だ。私よりコンタクトレンズに慣れている人はもっとずさんな使い方をしている。ワンデーアキュビューのような一日使い捨てコンタクトを二日三日と付けっぱなしにしていたりして、びっくりすることがある。ネットなどでも手軽に手に入るようになってしまったため、眼科に定期的に行くこともない。コンタクトレンズが普及し始めの頃、私が高校生くらいの頃から、お洒落な子はコンタクトを付け始めていた。めがねが邪魔という理由から。運動部の子も結構な割合でつけていた。しかし私はそのころは目に異物を入れるのが怖くて、出来なかった。友達がほとんどコンタクトになってからやっと手に入れたのだが、花粉症の時期などに痒みに耐えられず、また夕方になったころのごろごろ感に嫌気がさしてほとんどつけなくなった。今は毎日めがね生活だ。確かに夏などは汗がたまって不便であるが、何より不快感がない。めがねもここ数年市民権をもったので、めがね族としてはありがたい限りである。
 我々が年をとったころ、何十年もコンタクトをつけていた人にどのような影響がでるのか、今から心配である。

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社より 育児で悩んだとき

困ったとき、育児で悩んだときには相談する地域の相談所がきちんとした対応をしていただ
かなければ、安心して生活、または育児ができないと思うのです。私も今、育児中ですが、
日々困ることがたくさんあります。地域の相談所が親身になって対応し、虐待に結びつかな
いようにすることも必要なのではないでしょうか。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

国際ジャーナル・報道ニッポン もう帰るんですか、、本音だよね、、

菅首相が初めて、福島県内の避難所に訪問しましたね。

激動に行く、というのが理由なようですが・・・



「頑張ってください」と言うばかりでは、避難住民の心には

届きません。



避難している人は家にも帰れず、体育館での避難暮らしを、

もうすでに1か月半も続けています。

これ以上、なにを頑張らせればいいのでしょうか?



管首相、「頑張れ!」という前に、この先どうなる、そして

こうしたいという目標を掲げて、避難所訪問をして欲しかったです。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル・報道ニッポン 電気料金4か月連続値上げ!

東京電力ですが6月の電気料金もまた、4カ月連続で引き上げられますね。

力発電の燃料である原油価格上昇などが原因だそう。



ところで「原油価格など」の“など”ってなんでしょうかね?

“など”の中に福島第一原発の補償金捻出金が入っていないこと祈っています。



値上げされる金額は標準家庭で使用される電気料金で考えると、80円前後も

値上げになります。

その結果、東京電力管内標準家庭の電気料金は、3~6月の4カ月で230円

以上の引き上げられるようです。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマン 被災者を採用

新聞に載っていた記事なのですがある引越社グループが、東日本大震災の
被災者約200人を採用すると発表したそうです。
対象者は茨城、福島、宮城、岩手県を中心とした被災地に住む20~40歳
位の人で、内訳にすると既婚者と独身者それぞれ約100人だということです。
採用後は、家賃・敷金などに充てる支度金と引っ越し費用を支払うそうです。
自然の力で一瞬にして全てが失われてしまった人が多い、今回の地震。
今後の生活にも不安が出てきているのではないでしょうか。
復興、復旧をさせるには、やはり自分の生活を落ち着かせる必要もあるわけです。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社

ザ・ヒューマン 賠償補償料足りず、結局、国民負担か・・・

福島第一原発事故の損害賠償問題ですが、どうやらお金が足りないようですね。

電力会社が毎年国に納めている補償料は、累計で約150億円しかない。

しかし、東京電力福島第1原発事故では、国として最低でも1200億円を支払う必
要があります。

当然ですが、今までの累計金額150億円では絶対的に足りませんよね。



不足分は、国民負担で賄うしかないのでしょうか・・・



国民負担もある程度はしかたがないとは思いますが、まずは東電社員の給料減給及び
退職金全額カットをお願いします。

しかし、補償問題がでてくるのはわかっていながら、1100人もの新入社員を受け
入れる東電の体質、これこそおかしいと思いませんか!


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
現代画報

報道通信社 余震

東日本大震災が発生してから、約1か月が経ちました。
まだまだ大変な日々を送られている人が多いと思います。
ですが、前に向かって一歩ずつ進んでいる人も多いのは確かです。
1か月が経った頃、テレビでは「余震」と報道されていましたが、
大きな地震が発生しました。
マグニチュード7.0という数値がテレビ画面には表示され、
その後にも頻繁に「地震速報」で「震度3」「震度4」という
数値が表示されていました。
みなさんの住んでいる地域では大丈夫だったでしょうか。
今回の余震で、怪我をした人、中には亡くなった人もいるということです。
いつになれば落ち着いた日々を送ることができるのでしょうか。
まだ余震は続くのでしょうか。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社
フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。