スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の国際ジャーナルの対談取材 高齢者の雇用に対する取組み

高齢化が進むにあたって、年金の財源についても話題になっていますが、一方で
は、高齢者の方々が現役で仕事を続けることができる環境作りも必要ではないか
と思います。国際ジャーナルなどの雑誌において、高齢者の雇用というテーマか
ら特集があると面白いと思いますが、ある企業の取組みについては、これから
の高齢化社会における雇用の問題を考えるいいケースではないかと思います。
その企業は、取引先企業に転籍したり、子会社に出向したりした職員を
65歳まで本体で再雇用する制度を導入するそうです。
これは、働く意欲のある人に年金が満額支給される年齢まで活躍できる場を用意し、
ベテランの経験やノウハウを営業力の強化などに生かすことが狙いとなっていま
す。その実現に向けて、これからビジネスモデルを作っていくそうです。一般的
に、40から50歳代で取引先に経理担当などとして転籍するケースが
多いと言われます。また、子会社やグループ会社への出向者も多くいます。
ただし、転籍・出向者は銀行本体で再雇用されることはほとんどないそ
うです。新しい制度の効果について、今後も注目したいと思います。







国際ジャーナルの取材・・
現代画報 | 現代画報社 | クリックジャックという名の詐欺
スポンサーサイト

国際通信社の国際ジャーナルの対談取材 夏バテ注意

夏、苦手です。暑いのはホントにダメです。スポーツで流す汗ならいいけど、ただ暑くてひたすらダラダラかく汗、化粧が崩れていくのを実感しながらドロドロとかく汗は嫌いだ!梅雨も苦手だけど、息をするのも辛くなる酷暑は勘弁してもらいたいです。ああ 梅雨明けが恐ろしい。。でも、ここ数年、暑くて体がだるいよりも、エアコンで体がだるい方が辛くなってきました。。つけっぱなしで寝た翌朝なんてアナタ、体中の関節が痺れるような感覚に襲われて堪らんのですよ!関西出身の両親の下、暑けりゃ即エアコンのスイッチオンの家で育ってきたのに。。歳だ、歳。この痺ればっかりは歳を取ったせいだなあと思います(トホ)。エアコンに負けるようでは、今夏は夏バテしちゃいそうですよ(トホホ)。
現代画報7月号に「夏の病に打ち勝つ」という記事が載ってますが、夏の病というとすぐ思い浮かぶのは熱中症よりも、夏バテです。夏バテって馬鹿に出来ないんですよね~。慢性的な睡眠不足、食欲減退、倦怠感、うつ症状・・何をしても体がだるいっていうのはホントにきつい。夏バテでご飯が食べられなくてダイエットになるからラッキーとは思えないです。何しろ食べないと体力が落ちて、何をしても楽しめないですから。今から夏バテに注意しとかないと!食べるぞ!いや梅雨の間食べちゃったら太りますね。。



国際ジャーナルに登場
本の紹介 「関西変身どころ」 | 国際通信社

国際通信社グループの現代画報の対談取材 名古屋場所を生中継しない

ここ最近テレビやニュースで話題になっているのが、大相撲の野球賭博問題です。
ワイドショーでも長時間使って取り上げられています。

7月11日から開催される名古屋場所の中継の是非を検討していたNHKですが、
7月6日に「視聴者から中継を中止すべきだという意見が多数寄せられている」と
いう理由から、名古屋場所を生中継しないという記者会見を行いました。
この様子はテレビや新聞でも紹介されていました。
しかし完全にテレビ放送しないというわけではなく、約20分間に編集したダイジ
ェスト版で放送するということです。

このニュースで、あるテレビ番組が街頭インタビューを行いました。
「中止するのは当然のこと」という意見もありながら「毎回、楽しみに見ていたので
残念に思う」という声もありました。
私は今回の問題というのは詳しくは分からないですが、多くの人に迷惑をかけたり
かなりの影響を与えているような気がします。私の個人的な意見としては中継を中止
にして当然のことではないかと思っています。
今まで相撲ファンだった・・・という人も今回の問題で気持ちが離れてしまう可能性
もあります。信頼を取り戻すためには、相当の努力が必要なのかもしれません。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社
dragon.bex.jp

国際通信社グループの現代画報の対談取材 配達の遅れ

ここ数日でテレビや新聞で大きく取り上げられているのが「ゆうパック」です。
日本郵政グループの郵便事業会社の宅配便事業「ゆうパック」で配達の遅れが
出たのです。郵便事業会社は7月6日、配達の遅れが確認された荷物が約2万
4000個増えて約34万4000個になったと発表しました。

これが原因でしょうか、企業、個人を問わず、ゆうパック離れが広がっている
ようで経営の打撃が深刻になってきたと新聞には書かれていました。

先日のニュース番組でもゆうパックに関する内容が放送されていました。
テレビでは「生ものや食材が腐ってしまう」などの話が出ていましたが、
「鈴虫をゆうパックで送る」というサービスを行っている企業があるそうです。
予定どおり鈴虫を注文客にゆうパックで送ったところ、配達の遅れが発生し
送った鈴虫の半分くらいが死んでしまっていたというのです。

郵便事業会社の社長の話によると、遅配の現状については「目に見えて回復し
ている」と7月6日に発表したそうですが、依然として千葉や埼玉などを発着地
とする荷物は半日から1日程度の遅配が見込まれるといいます。
今後どのような対応をされるのか分かりませんが、責任ある業務を行っていただき
たいですね。宅配というのは大切な物も入っているのですから・・・。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内
国際ジャーナルから発展して

国際通信社グループの現代画報の対談取材 日本脳炎ワクチン接種再開

2005年から事実上中断されていた日本脳炎の予防接種が、
新しいワクチンの承認に伴って、今年の4月から再開されました。
この日本脳炎は、豚などの体内で増えたウイルスが、蚊を媒体して
人に感染するものです。人から人へは感染しません。

感染しても大部分の人には症状が出ないのだそうです。発症するの
は、100~1000人に1人とされていますが、もっと少ないと
の見方もあるようです。
ただ、いったん発症してしまうと高熱や頭痛、吐き気などが数日間
続き、意識を失う、けいれんを起こすなどの重症に陥ってしまうの
だそうです。脳の温度を下げるなどの集中治療が必要だというのです
が、20~40パーセントが亡くなり、回復しても半数程度は発達
障害やまひ、てんかんなどの後遺症が残るとされるのだそうです。

こういったことを聞くと、発症してしまうと非常に恐ろしいものなの
だと不安を感じます。私は育児中の母親の立場です。母親の立場から
「子供には発症してほしくない」と正直思います。予防接種が高額
な費用がかかるということであれば、国で考えていただきたいと思い
ます。大事な子供のためなのですから・・・。


weblog.cms.am
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社

国際通信社グループの現代画報の対談取材 我慢するということ・・・

昔の人は石の上にも三年、とか忍耐を美徳のひとつとしてとらえていました。

最近は、何事も選択肢が多いから、我慢より、次の道を模索するほうが、能率的だっ
たり、効率的だったりするのかもしれません。
が、何でもかんでもそうかというと、一概には、そうそう、と頷けない事もままある
ような気がします。

能力に長け、才気煥発なのは素晴らしいことだけれど、独りよがりな発信やら、思い
込みでは、周りとは上手く付き合っていけないでしょう。
上手くいかないことをすべて周りのせいにして、思うようにならなかったり、自分が
飽きてしまい興味がなくなると、関わった人達の事はまったく意に介さず、さっさと
次なる興味の対象に移ってしまうのでは、何度職を変えても、何度関係者を変えて
も、また同じ事を繰り返してしまうだろうと思うのです。

自分で撒いた種は自分で刈り取らなくては・・・・。
それが、悪い結果なら余計に・・・・。

私たちは、様々な場面で、様々な人に助けられたり助けたりしながら生きています。
自分が助けられると、今度は自分が誰かを助けて・・・そんな風に
ぐるぐるまわっていると思うのです。
関わった人を大切にしてあげられないなんて、ことのないよう。心は柔らかくありた
いものです。

press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
商法総則 by 国際ジャーナル

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 リーダーシップを身につけるための方策



ビジネスを進めていく上で、自己啓発による勉強はと ても大事ではないかと思
います。その一つにリーダーシップがあると思います。どうしたら、人はリー
ダーシップを身につけることが可能になるの でしょうか。リーダーシップを発
揮してほしいと簡単に言われても、すぐにできるわけではないと思います。優れ
たリーダーとなるためには、やは り訓練が必要ではないかという意見もありま
す。例えば、自発性、自律性、創意工夫力、関係構築能力、影響力などが重要で
はないかと思います。 このようなリーダー論については、たくさんの書籍もあ
りますから、国際ジャーナルでも、どれかいい本を紹介してもらいたいところで
す。最近 は、ビジネスマンでもビジョンを描くという事が大事であると聞きま
す。ビジョンとは正確には何でしょうか。これは、わかっているようでなかな
か答えられないところではないかと思います。5年10年先という、長期間の目
標をビジョンと呼ぶのでしょうか。日本の政治においてもビジョン が必要とい
う事が、各党のマニフェストにも書かれていますが、今一度日本人におけるビ
ジョンとはなんなのか、そのようなテーマから、改めて考 えてみてもいい機会
ではないかと感じます。





ニッポンの夜明け
国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 日本を取り巻く東アジアの安全保障について



東アジアをめぐる安全保障体制については、これから の日本にとっても大きな
問題となってくるのでしょうか。この問題については、マスコミを含めた国民的
な議論が望まれるところです。21世紀 に、中国は、米国、日本に次ぐ経済大
国へと進化を遂げました。またお隣の韓国の成長にもすばらしいものがありま
す。世界の景気回復の中心とし て東アジアに対する大きな期待があると言える
でしょう。この状況については、国際ジャーナルでも充分に検討をしてもらいた
いところです。それ だけ重大な問題ではないかと感じます。一方、北朝鮮では
改革・開放をかたくなに拒み、核開発に躍起となっている状況があります。これ
は東アジ アにとって脅威となっています。朝鮮半島の平和と安定はほど遠いと
いえます。北朝鮮は2度の核実験を強行しています。これは軍事的な緊張を高
める政策だと言えます。もし北朝鮮が核搭載ミサイルの開発に成功すればどうな
るでしょうか。日本も射程圏内に入りますから、日本の安全保障は かつてなく
深刻な状況になるという意見もあります。そのような状況において、日本は日米
同盟を基軸に、そうした脅威に対処していかなければな らないのではないかと
考えます。これからの東アジア情勢については、とても注意が必要ではないかと
思います。





nownews.bex.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年9月号のご案内 | 報道通信社

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 時間で得るもの失うもの

国際ジャーナルの巻頭特集「裁判の迅速化やいかに 速く正しく、裁く」は、考えさせられるテーマですね。最高裁で裁かれる時には、事件発生から十数年経過していることなんて当たり前。時効の成立と同じくらいの長い時間をかけて裁く、どうしてそんなに時間がかかるんでしょう?起訴と控訴の応酬でそうなるのか、人手が足りないのか、正直私たち国民にはその理由がイマイチよく分かりません。
とはいえ、民事裁判においては一審、二審で9割の裁判が二年以内に終了していることも事実です。「裁判の迅速化に関する法律」がどこまで功を奏しているかは分かりませんが。勉強不足なだけなのか。。うーむ。
裁判は迅速なだけではもちろんダメで、一番肝心なのはどれだけ充実した審理を行なえるか、ですから。ここで速く終わらせるために裁判所が職権を強行したり、事件内容の検証が不十分であってはそれこそ本末転倒なわけです。おそらく、迅速化をするべきところは、書類作成に関する手続きや裁判所・検察庁の人員の拡充、検察官による手持ち証拠の事前開示や捜査過程の可視化などなどのための、制度改革にあるでしょう。改良のための法改正が求められるわけです。
時間をかけることによって得るもの、反対に失うものがあることを忘れずに、慎重で充実した審理を行って欲しいものです。それを求めるのは国民の権利ですよね。行政に対してだけでなく、司法・立法に対しても私たちは目を光らせないといけないのです。



報道ニッポン | 報道通信社 | 国際通信社グループ 国際ジャーナル 現代画報
現代画報の美食探訪を読んで

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 世代の評判

アラサーの人対象に、給料に不満があるか、と
調査したそうです。
結果、60%もの人が不満を抱えており、
ならば、希望する年収は?との問いに、、900万と答えた人が圧倒的だったとの
事。

現実的には、年収800万を超える人は全体のわずか6%に過ぎないらしい。
希望と現実とのギャップが著しいです。

でも、興味深いことに、この、アラサーの中でも、ニュウ・アラサー(アラサーもい
まや、前半、後半で呼び名が変わるらしいです)は、今後の給料の増額はあると思う
か?の問いに比較的楽観的な見方をしているよう。

年と共に増えていくだろう、と答えた人が多かったとか。
やっぱり年代によってかなり温度差がありますね。
いまのニュウ・アラサーは、ゆとり世代の子供たちだったのかな?
これだけ、成果主義が取り入れられた日本社会でも、よるべは年功序列、終身雇用
だったりするのでしょうか?

そういえば、また、公務員人気は高まっているようす。
案外、賢い選択が上手な世代なのかもしれません。
まず、貯金、という人も多いようす。
一番浮ついていたのは、私たち世代だったのかも、と
反省しきりです。


経済がわかる報道通信社の報道ニッポンは経済誌
現代画報との出会い 現代画報│地域と共存共栄する企業の在り方を探る国際通信社の月刊経営情報誌(対談取材記事・時事コラム)

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 アメリカとの関係修復に向けたポイントを考える



民主党政権に変わってから、アメリカとの関係が少し おかしくなっている気も
します。このあたり、どのように考えればいいんでしょうか。国際ジャーナル
も、日米関係のあるべき姿などについて、 詳細な記事を載せてもらいたいとこ
ろです。日本にとってアメリカは、やはり一番重要なパートナーではないかと思
います。アメリカとの関係修復 に向けて最初に取り組むべきは、米軍普天間飛
行場の移設問題ではないでしょうか。この点はマスコミでも議論がさかんだと思
います。菅内閣で は、沖縄県名護市辺野古周辺に代替施設を建設する現行計画
に対して地元が反対に回った分、現行計画よりも格段に悪い状況に陥ったことを
充分に 考慮に入れる必要があるという意見もあります。この点については意見
の分かれるところかもしれませんね。いずれにしても8月までに代替施設の 位
置や建設工法を決定するという5月末の日米合意がありますので、そちらをきち
んと履行することが日米間では国際的なルールとして求められて いると感じま
す。さらに、将来に向けた日米両国による戦略的な対話を続けていくステージ作
りがもっともっと必要になってきているのではないで しょうか。これからの日
米関係については注目していきたいところです。




月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年8月号のご案内 | 現代画報社
shopping.coresv.com 現代画報は現代画報社から出版されています

国際通信社グループの現代画報の対談記事 新しい内閣はどんな評判を集めているのか?



民主党の菅内閣ですが、実際のところ、これからどの ような成果を出していく
のかは、正直なところ未知数ではないかと思います。選挙で圧倒的な支持を受け
ながらも、多くの国民を失望させた鳩山前 内閣との違いを明確にしていく必要
があると思います。これからの日本の政治については、国際ジャーナルでも取り
上げてもらえるのでしょうか。 その点は期待したいところです。今の日本に
とって、財政健全化と税制の抜本改革というのは大きな改善テーマです。この問
題にどう取り組むのか に国民は注目しています。それから、基地問題でゆれる
日米関係も外交テーマとしてはとても重要です。内閣支持率が高いうちに参院選
を戦った方 が有利という事から、選挙対策内閣という見方もありますが、日本
にとっては厳しい情勢が続くわけですから、きちんとした対応を菅内閣にはとっ
てもらいたいところです。政府・与党が重要法案としていた郵政改革、地球温暖
化対策、政治主導確立などの法案は、結局のところ国会では成立し ませんでし
た。このような重要法案の審議を先送りすることは、本当に日本の国益にかなっ
ているのでしょうか。選挙対策m重要ですが、政治家と してはまずは基本に
戻ってもらいたいところですね。




国際ジャーナル 世界のアイデア商品
国際ジャーナルを求めて 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 地方分権を進めるためにはどんな考えが必要になるのか?

これまでの日本では、中央集権的な政策が主体となってきています。これについ
ては、地方分権という主張が古くから行われてきました。最近では大阪などの知
事による地方独自の動きがニュースになってきています。日本において地方分権
は進んでいくのでしょうか。これについては注目したいところですね。国際
ジャーナルや報道ニッポンでも、地方分権の動きについての特集を期待したいと
ころです。地方分権は自治体に権限と財源を移し、地域ごとの創意工夫を引き出
すのが目的となっています。福祉や街づくりの権限を市町村に移管するのも効果
が大きいかもしれません。一方、地方整備局や農政局など国の出先機関の見直し
については、まだまだ進んでいない点も多いのかもしれません。民主党政権が検
討課題に加えた、補助金の使い道についても、これからの議論が待たれるところ
です。地方で使える財源を考えることなしに、地方分権は実現しないと思いま
す。その一方で、地方においても独自の産業育成など、その責任は大きくなって
くると思います。地方にすむ住民にとっても、自らの政治的な判断が、そのまま
地方経済の成果に現れてくるというリスクもあります。これからの日本の地方分
権については、もっともっと勉強していきたいところですね。




経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルへの思い 報道ニッポン。地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 決勝リーグ

いよいよサッカーのワールドカップも大詰め。
優勝候補の国が次々と敗退していく、大波乱の中、
決勝リーグが始まっています。

全勝はアルゼンチンとオランダのみという状況。
27日のゲームでは、ドイツとイングランドの因縁の対決。
白熱の試合、を期待していました。

が、残念ながら、不調のイングランドは、4-1で敗退して
しまいました。
伝統国がまた敗退。
でも、途中のノーゴールの判定は残念。
あの判定で、攻撃のリズムが変わったとか、
攻撃方法自体が変わってしまったとか、
いろいろな意見がありますね。
サッカーは判定も含めてサッカー、といわれる通り、
選手からは抗議もなく、その後もゲームが進んでいったのは
潔かったけれど・・・・
残念です。
野球とかだと、監督の猛抗議で、プレー中断やら、VTR確認で
判定が覆るなんて事もありますもんね。
サッカーにはそういうことがないらしい・・・

そういえば、過去に石油算出国の王が、自国に不利な判定に対し、
抗議のため席から降りてきたそうですね。
で、猛抗議に判定が覆ったということがあったそう。

うーん、お金もちが強かった??
報道ニッポン | 報道通信社 | 国際通信社グループ 国際ジャーナル 現代画報
報道通信社の報道ニッポンのVIP・ザ・職人に掲載 現代画報は現代画報社から出版されています

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 中国の賃上げ騒動がもたらす将来とは?

現在の世界経済の中心は、なんといってもアジアにシフトしているのではないか
と思います。その中心は中国です。すでに世界第二位の経済大国となった中国で
すが、その国内においては様々な問題をかかえているといえます。労働問題もそ
の一つです。最近ですが中国の外資系企業でストが頻発しています。このような
報道の背景には何があるのでしょうか。この点については国際ジャーナルでも充
分な分析をしてもらいたいところです。中国において待遇改善を求める労働者の
権利意識の高まりなどが、最近の傾向です。中国労働市場の変化が感じられま
す。中国に生産拠点を持つ日本企業は冷静な対応が求められています。最近のト
ピックとしてはホンダが系列部品工場のストで乗用車の生産停止を一時余儀なく
されています。これは大きな事件です。他にもデンソーの工場のストの影響でト
ヨタ自動車が生産停止に追い込まれています。中国における生産はこれからどの
ようになっていくのでしょうか。賃金が上昇していくのは必然的な動きですが、
あまり賃金が高くなると、他の新興国への生産移管も進んでいく可能性がありま
す。これからの中国をみていく場合、労働問題についての注目はいままで以上に
必要になっていくのではないかと感じます。




あんそにの国際ジャーナル
ハッピージャーナル | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報 報道ニッポン。地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事

国際通信社グループの現代画報の対談取材 熱い選挙戦の行方はどうなるのか?

参議院選挙も公示されて、いよいよ選挙戦が始まりましたが、この選挙はどのよ
うな情勢なのでしょうか。各報道機関も世論調査などを実施していますが、国際
ジャーナルはどのような分析を行っているのか気になるところですね。新聞社に
よる世論調査もこれから益々活発になってくるのではないかと思います。ある新
聞社の発表によると、民主党は比例選で強さを見せているようです。しかしなが
ら選挙区選で苦戦を強いられている傾向があるみたいですね。また、民主党と連
立を組む国民新党ですが、情勢は楽ではないみたいです。このため与党の過半数
である122議席の維持は、なんとも微妙な情勢なのかもしれません。一方、野
党の自民党ですが、1人区では優位な状況です。しかしながら、まだどこに投票
するかを決めていない有権者ですが、選挙区選で3割弱、比例選で2割弱いるそ
うです。そのため、情勢は終盤にかけて変化する可能性があるといえるでしょ
う。この選挙の争点はどこにあるのでしょうか。やはり景気の回復はもっとも重
要ではないかと思います。そのほかにも年金などの社会保障の充実というテーマ
も大きな比重を占めています。これから投票日に向けて、熱い戦いが続きそうで
すね。




報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%
国際ジャーナルで理解できる 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています

# 報道通信社の報道ニッポンの特集 クレジットカードの規制はどうなるのか?

最近のニュースとして、生活に影響がありそうな話題がありました。それはクレ
ジットカードなどに関連にした法律で、今月18日から完全施行された改正貸金
業法です。この法律による影響については、国際ジャーナルでも分析をしてもら
いたいところですね。この法律によってクレジットカードを使って現金を借りる
キャッシングが「総量規制」の対象になります。総量規制とはなんでしょうか?
これは簡単に言うと年収の3分の1を超えるとキャッシングができなくなる事で
す。住宅ローンやマイカーローンなどは対象外となりますが、キャッシングを利
用しているユーザーにとっては大きな影響があるのかもしれません。さらに12
月までにスタートする改正割賦販売法も関連するものになっています。カードを
利用する買い物枠が収入などに応じて利用上限枠が設けられることになりますの
で、クレジットで買い物をする場合にも注意が必要になります。家電製品やパソ
コンなど高価な買い物には影響がでてくるのかもしれません。この法律によって
景気に対する悪影響も予想されます。特に主婦がクレジットカードを利用するこ
とに対して、カード会社がハードルを高くすることが予想されますので、どう
なっていくのか気になるところですね。




国際ジャーナル 国際通信社発刊
あゆみの取材で・・報道通信社 報道ニッポン│充実の特集・取材記事で「ニッポン」を斬る国際通信社の月刊経営情報誌(特集・対談取材記事)

報道通信社の報道ニッポンの特集 詐欺は後を絶たない。

夫婦でパン屋をやっている友人が先日詐欺にあいそうになったといっていた。電気会社の下請けを言う人がやってきて、アンペアなどを替えると、年間これこれお得で、そのためにいくら必要だが、一年で元が取れるとかなんとか。手にはほかのお店の契約書を持ち、何度も同じことを繰り返していたそうだ。旦那が冷静な人で、すぐにはうんとは言わなかったことが幸いして、その後ネットで調べたら、あちこちからクレームが出ていることを知ったそうである。
詐欺というのは本当にいつの世にも存在して、そしてゴキブリ並みに廃れない。不思議である。この不況下で、楽して儲かる話などはあるはずもなく、それでも多くの人が騙される。お年寄りを騙すような詐欺は許せないし、詐欺行為自体も許せるはずはないのだが、騙される側にも多少の問題はあるような気がする。とはいうものの、私も何度か詐欺にあいそうになったことがあるので、人のことは言えない。最近はますます巧妙になってきているからたちが悪い。
なぜ人を騙す人がいるのだろう。それは騙される人がいるからかもしれない。すべての人を疑ってかかるのはあまりに悲しいことであるが、少し冷静になって考えることも大切なことである。

報道ニッポン インフルエンザ報道と自己防衛/報道通信社
評判のお店を取材 報道通信社 現代画報社の発行する現代画報では、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談取材 ラジオの魅力

国際通信社では国際ジャーナルという雑誌を出版していますが、雑誌を読みなが
らラジオをかけて音楽を聴くのが最近のスタイルです。ラジオについては、今の
時代ではちょっと「スロー」なメディアかもしれませんが、意外に情報量が多い
メディアではないかと、最近見直しています。テレビだと、雑誌読みながら見る
ことはできませんが、ラジオだと可能です。そのほかにも、手仕事をしながらラ
ジオを聞いていると、単純な作業をしているときでも、気が紛れますから、仕事
がはかどったりします。ラジオでは音楽を聞くほかに、時事問題の解説を聞いた
りします。テレビと違って、ある程度時間をかけて説明してくれますから、
ちょっと難しいニュースの内容でも、理解がしやすくなります。最近では、イン
ターネットにつながっていると、インターネットラジオを聴くこともできるよう
になりました。以前は有線放送を自宅で契約したこともありましたが、インター
ネットラジオであれば、音楽のジャンルも沢山あり、BGMを流すには有線放送
の代わりになりますので、毎月の費用も節約できます。普通のラジオでは海外放
送は聞けませんが、インターネットラジオであればそれも可能ですから、面白い
ですね。







現代画報 詐欺・強盗事件の増加と若者 現代画報社
国際ジャーナルを求めて 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。未来を切り拓くため、今後も価値ある情報提供と充実した経済活動を追求し続けます。

報道通信社の対談取材を掲載 生物多様性

国際通信社のwebサイト異業種ネットに、生物多様性についての記事が出てました。生物多様性とは言葉そのまま、環境と種と遺伝子レベルで様々な異なる生物が共生している状態を指しています。
この生物多様性によって、私たちの生態環境は支えられています。衣食住はもちろん、熱帯林からは難病の特効薬がいくつも発見されてきました。人間は多様な生物の営みの恩恵を受けなければ、決して生きてはいけないのです。
でも、ご存知の通り、近代化に伴う自然破壊、農業商業的目的で開発された種の混入や単一化、遺伝子操作、外来種と在来種とのバランス破壊など挙げればキリがないくらい、生物多様性はどんどん失われていく一方です。
国際自然保護連合(IUCN)による2009年のレッドリストに、評価対象となった4万7,677種の野生生物のうち、1万7,291種が絶滅のおそれのある種としてリストアップされました。残念なことですが、絶滅種の数字が減少する可能性はかなり低いと思います。私たち人間は増えすぎた。
そして、生物多様性を無視しすぎた。今からでは遅いかもしれないけれど、止めることは出来ないかもしれないけれど、絶滅していくスピードをゆっくりにすることは出来るかもしれません。
来年は国際生物多様性年にあたるそうで、日本で生物多様性条約会議が開かれます。生物多様性条約は国際的な自然保護条約ですが、生物多様性の持続可能な利用を目的とする部分で、どうしても国家間の利害関係に問題が生じ易いようです。アメリカが批准しないのもそれが理由でしょう。先進国と途上国が手を携えないことには、きっと生物多様性は失われる一方だと思うのですが。。締結国である日本の役割が期待されるところです。





現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
ニッポンの夜明け 報道ニッポン。地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事
フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。