スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社の対談取材を掲載 5歳長女を植物状態にした許せない親

新聞に、またもや怒りを覚える記事が載っていました。
5歳の長女に十分な食事を与えず植物状態にしたとして、愛知県警天白署は6月23日に
保護責任者遺棄致傷容疑で、名古屋市に住む無職の父親と34歳の母親を逮捕したとい
うことなのです。

警察の発表によると、父親は大筋に容疑を認めていて「結果としてこうなったのは
間違いない」と供述しているということなのです。
そして母親も容疑を全面的に認めていて「食事を与えなかった」と話しているそう
です。
2人の逮捕容疑は2008年5月ごろから、当時4歳だった長女に十分な食事を与えずに
衰弱させ、同じ年の12月20日、低血糖などによる意識障害に陥らせた疑いだという
ことです。

親として、どうして食事を与えないということができるのでしょうか。不思議でな
りません。そして、冒頭にも記述しましたが怒りがこみ上げてきます。
逮捕された親は「お腹がすいた」と思えば何かを食べていたでしょう。
自分の血がつながった子供をどうしてそのようなことができるのでしょうか。
以前、雑誌「現代画報」にも紹介されていたのですが、これはれっきとした「虐待」
です。決して許されることではありません。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
iceland.bex.jp 報道ニッポン。地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事
スポンサーサイト

現代画報社の現代画報の特集記事 マイホームによって日本経済の回復を

最近の日本では内需拡大によって景気回復を図るという考え方はあるのでしょう
か。家を建てる場合、自分で土地を探すということが考えられますが、不動産会
社を回るにも時間がかかります。その点は、インターネットを活用して探すの
が、現代的なのかもしれません。国際ジャーナルでも、日本の家作りについての
特集など考えてもらいたいところですね。住まいづくりの過程としては、マン
ションの購入もあるかもしれません。もちろん、賃貸住宅でもいいと思います。
やはり、自分の収入に応じた考え方が必要だと思います。土地を購入する場合、
気をつける点も多いと聞きます。どんなところが注意する点なのでしょうか。立
地や価格の条件が良くても、イメージ通りの家が作れないケースもあると読んだ
ことがあります。高い買い物をするわけですから、このようなトラブルは避けた
いところです。土地と建物を両方購入する場合でも、別々に購入する場合でも、
いずれにしろ費用とそれによって得られる効果を充分に検討するべきではないか
と思います。いずれにしても、家作りを検討する家庭が増えることによって、少
しでも日本経済の回復に貢献してもらえるようになれば、これはとてもいいこと
だと思います。




子育てジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルから学んだ 報道ニッポンは報道通信社から出版されています

現代画報社の現代画報の特集記事 夏冬賞与の一括支給

会社更生手続き中の日本航空で、2010年度のボーナスについて一部のグループ会社が、
今秋を見込む更正計画認可後に夏冬分の一括支給を検討していることが6月16日に
明らかになったそうです。これは、新聞記事に載っていました。
日航本体は夏冬賞与をはじめ、各種手当の支給見送りを決めていて、ちぐはぐな対応が
露呈した形となります。リストラ徹底を求める主力取引銀行の反発を招く可能性がある
といわれています。

賞与の夏冬一括支給を検討しているグループ会社は、新千歳、成田、羽田、伊丹、関西、
福岡の各空港で手荷物や貨物の取り扱い、航空機の誘導を担っているところだそうです。
関係者によれば6月11日の労使協議で、経営側が今夏の賞与支給を見送る見返りとして
「更正計画が認可された場合、夏冬まとめて今年度末までに支給する」と説明したといい
ます。

この日本航空に関するニュースを耳にした人は多くいると思います。そして、意見も様々
だと思います。以前、あるテレビ番組では「納得がいかない」と意見を述べる有名人の
姿がありました。国の税金で助けられているというイメージが私の中にはあります。
税金は国民のお金です。国民のお金の大切さ、重要さというものをしっかり理解していた
だくということが、まずは必要なのかもしれませんね。


yopの国際通信社
国際ジャーナル 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています

現代画報社の現代画報の特集記事 子供だって通院します

とても悲しい記事が新聞に載っていました。
きっと、母親も「まさかこんなことになるなんて」と思ったことでしょう。

6月14日に埼玉県内にある歯科医院で治療を受けていた2歳の女の子が脱脂綿を気管に
詰まらせて、亡くなったのだそうです。
警察は業務上過失致死の疑いで調べているということなのです。

警察の発表などによると、女の子は6月13日の午後2時50分頃「自宅で転んで前歯が
損傷した」と両親に連れられて歯科医院に来たそうです。
37歳の女性歯科医などが治療中、直径7ミリ、長さ2.5センチの円筒形をした止血用の
脱脂綿を詰まらせて、呼吸停止の状態になったということなのです。

この女の子は歯科医院からの119番通報で病院に運ばれたということですが、6月14日
の午前6時すぎに死亡が確認されたのです。

私自身も何度か歯科医院に通院したことがあり、円筒状の脱脂綿を使用されたことが
あります。私などの大人からみれば大したことがない物かもしれませんが、やはり
まだ幼い子供となると、危険なものなのだということが分かりました。
これをきっかけに・・・といえば、手遅れなのかもしれません。が、歯科医院にも幼い
子供が通院することだってあるのです。大人とは異なる治療法を考えていただきたいと
思いました。


国際・報道通信社のつぶやき
現代プレス | 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン 国際通信社の発行する国際ジャーナルでは、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。

現代画報社の現代画報の特集記事 岡村隆、体調不良

いつも元気で多忙なイメージのナイナイの岡村さん、どうやら体調不良のようですよ。岡村さんも、人間ですからね~!なんでも、6月16日から渋谷PARCO劇場で開幕予定だった、自身初の一人舞台「岡村隆史 おひとりさま公演「二人前」」を体調不良で延期せずにいられなかったのだとか。そのことを6月10日の深夜、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』に生出演して、番組冒頭に「勝手なのですが、延期ということになり本当に申し訳ございません」と謝罪したそうです。岡村さん、今回の体調不良に関しては、自己管理の問題で、体が舞台においついてなかったと話し、ただし体調不良に関してはもう大丈夫と何度も繰り返していたのだそう。相方の矢部さんは、舞台の稽古に入るまで映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』の撮影やPRのために、岡村さんが全国を飛び回っていたからではないかといったようですが、岡村は即座に「それは別なので…、いわゆる“過労”なんですけど、本当に申し訳ないと思っています」と話し、チケットを購入してくれた人に本当に申し訳ないことをしたと謝りまくりだったようです。気になる舞台について、いつ上演するのか決まっていないようですが、必ずその舞台をやらせていただきたいと思っているとコメント。頑張るしかなさそうですね~、岡村さん。
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
続 国際通信社のブログ旅 国際ジャーナル (地域に生きる人と企業、EXPERT'S EYE(エキスパート・アイ)、職人に訊く、暮らしを支える医療福祉、逸店探訪、社寺探訪、学びの現場から)

国際通信社グループの報道ニッポンの対談取材 呼吸の乱れ


 呼吸の乱れはストレスや過労などによって起こるそうだ。過喚起症候群や睡眠時無呼吸症候群などは最近良く聞くし、友達の中にも苦しんでいる人がいる。なにより私自身がストレスがかかると過呼吸を起こして、倒れそうになることがあるのだ。呼吸は自律神経や精神面との関連性が深く、呼吸が乱れた状態が続くと、なんとなく不調という状態を引き起こし、大きな病気にもつながりかねない。確かに緊張しているときは呼吸が浅く、寝ているときなどリラックスしているときは腹式の穏やかな呼吸をしている。
 良い呼吸法とは、就寝前の静かになれる場所で呼吸のみに集中し、おなかに空気をいれ、鼻から吐き出す呼吸をでゆっくりと行うことだそうだ。出来る範囲で毎日続けることが理想的。呼吸法でダイエットというのもよく聞く話だ。
 私が過呼吸になったのは、東京の電車の中だった。毎日疲れ果てて働いていて、突然息苦しくなった。息ができない、死んでしまうと思って、慌てて電車を降りた。しばらくすると収まって、また電車に乗ると苦しくなる。次第に電車に乗るのが怖くなった。でも電車に乗らないと職場にいけない。朝早い時間に人がいない車両を選んで乗って、苦しくなったらすぐ降りるということを繰り返しながら、ようやく職場に行き着く日々が続いたこともある。精神科に行って、クスリをもらってから、やっと少し楽にはなったが、本当につらい日々だった。過呼吸の発作を抑えるために、ビニール袋を持ち歩きながらも少しずつ呼吸法なども気をつけるようになった。それからストレスにも気をつけるようにした。睡眠をきちんととり、食事にも気をつけ、最近はよっぽどのことがないと起こらなくなってきた。
 確かに呼吸はストレスによってかなり変化があることがわかった。緊張するような場面では、ゆっくり深呼吸をしたりしながら、呼吸を整えたい。寝る前のストレッチと一緒に呼吸法もやってみようと思う。

国際ジャーナル通信
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報) 現代画報。地元に根ざして事業を展開する企業を紹介。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

報道通信社の報道ニッポンの対談取材 石田・東尾、ワイナリー挙式

最近騒がれているカップルと言えば、俳優の石田純一さん(56)と、女子プロゴルファーの東尾理子さん(34)ですよね。去年の12月12日に入籍し、6月4日には結婚式を挙げるためにアメリカに出国されたお二人、6月9日にアメリカはカリフォルニア州のナパバレーというところにあるワイナリーで挙式を上げられたそうですよ!ちなみに、石田さんが着用したタキシードも、東尾さんが着用したウェディングドレスも、結婚式と言えば外せないデザイナーの桂由美さんが手掛けたものだそう。もちろん、この結婚には反対のような姿勢を見せていた理子さんのお父さんで野球解説者の東尾修さんを筆頭に、親族の方やお友達が見守る良い式になったそうです。この日の話を、石田さんは6月10日に所属している事務所を通して、「澄みきった青空の下、光まばゆい新緑に囲まれた『クロペガス』のオーナー宅にて式を取り行ない、引き続きワイナリーの中庭で心を通わせたウェディングパーティを楽しく終了させる事が出来ました」と直筆のコメントで報告されています。「これを機に、私達二人は公私共により一層の精進を致す所存です」と夫妻連名で締めくくられていたそうですよ。おめでとうございます!

報道通信社|報道ニッポン
国際ジャーナルで理解できる 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。未来を切り拓くため、今後も価値ある情報提供と充実した経済活動を追求し続けます。

国際通信社グループの現代画報の特集 教育格差を防ぐために

 報道ニッポンのバックナンバーに教育格差を防ぐためにという報道特集が載っていました。バブル崩壊後からどんどん広がっていく経済格差。日本全体で見れば不況の真っ只中ではありますが、一部の方はとても裕福で、今でもバブル時代のような暮らしをしている方もいます。
 反面生活が苦しく、家を借りることもできずにネット難民となっている若者やホームレスとなってしまっている方も多く見受けられます。私も決して裕福ではなく、自分の店のほかにアルバイトもしています。それでも生活は苦しく、切り詰めるだけ切り詰める生活を強いられています。
 そんな状況下ですから、教育にも格差が生れているのだと感じました。確かに裕福な家庭の子供はお金をかけてよい学校に行くことができ、教育に不自由することはないでしょう。しかし、裕福ではない家庭では、両親が共働きで、それでも教育費を捻出することが難しく、子供も学校をやめて働かなければいけない、ということもあるのでしょう。
 私は大学に行って、良い会社に入るのが良いという考えの父の元で育てられたので、教育に関しては文句のつけようがないほどお世話になっています。ただし、良い大学に入ったからといって、社会人として良い仕事ができるかといえば、そうではありません。
 格差が広がって、苦労する子供たちはもっと増えるでしょう。しかし、社会の荒波に若いころから揉まれていれば、きっと素晴らしい仕事ができる社会人になれるはずです。中学校まで最低勉強して、あとは社会勉強をした方がいいと、私は思っています。もう学歴などを気にするのではなく、人間力を磨く時代だと思って前向きに考えていくようにしたいものです。ただし、学びたい人はしっかり学べる環境作りは必要でしょう。

gourmet.gob.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社 現代画報社の発行する現代画報では、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。

現代画報社の現代画報の特集 あせもの季節に・・・

6月に入り、地域によっては暑い日が続いているように思います。
雑誌「現代画報」では、その季節にあった記事が紹介されている事があるように思います。
本格的な夏を目前に控え、暑さ対策が必要になってくるのではないでしょうか。

暑さに伴う生じようとして、運動などで汗腺が詰まって汗の出口がふつがれて炎症を起こす
汗疹、いわゆるあせもに加えて汗自体が刺激となってかゆみが起きる汗かぶれにも気をつけ
たいですね。特に、幼い子供を育てているお母さん方にとっては子供がかゆみなどで辛い
思いをしないよう、気を配られているのではないかと思うのです。
対策としては服装に気を配って、そしてこまめに汗をふくことで皮膚のトラブルを防ぐこと
が重要だということです。

そして予防のためには、まず外に出て汗を多くかいた場合、シャワーなどで汗を流すのが一番
良いとされています。できないようであれば、汗をふいたり吸収性の高い衣類を着て汗を
吸わせるのがいいようです。体のどこか1カ所を冷やせば汗が出にくくなるため、冷却シート
などで冷やすのも有効な手段とされています。

実際にかゆみを覚えたら、あせもでも汗によるかぶれの場合でも、まずは市販の汗疹治療薬を
塗って対処します。それでもかゆみが治まらない場合は、皮膚科で医師の診察を受けたほうが
よいようです。
私自身、肌が敏感なほうなので毎年といっていいくらいあせもに悩まされます。
あせものかゆみを自分の子供には経験させないよう、これからの季節は注意が必要になってき
ます。


報道通信社の報道ニッポンの編集者のサイト
報道ニッポンへの思い 報道通信社の発行する報道ニッポンでは、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。

現代画報社の現代画報の特集 高齢男性の一人暮らし

一人暮らしの高齢者男性の四人に一人が病菌などに困ったときに家事や仕事に関して頼れる人がいなく、女性よりも社会的孤立が際立っているそうだ。今の若い男性は一人暮らし経験もあったり、料理ができたり、一人になっても苦労しない力を持っている人が多い。
しかし高齢の男性は奥様に家事などを全部任せていた方がほとんどで、奥様が亡くなった場合にご飯が作れない、洗濯ができないと苦労される方が多い。
私は学生の頃ホームヘルパーの資格をとり、ボランティア活動もしていたのであるが、特別養護老人ホームでも男性は一人でいる方が多い。反面女性は集まっておしゃべりしたり、何か作ったりされている。スタッフの方がおっしゃっていたが、やはり男性はホームの中でもグループワークなども拒否したり、孤立してしまうことが多いようだった。それでもまだホームにいれば、いやでもコミュニケーションをとらなければいけない。
男性の一人暮らしはとても危険である。料理もできないからとコンビニ弁当などで済ましてしまう方もいて、病気に拍車をかける。近所の方とコミュニケーションもとっていないから、最悪は孤独死につながる。金銭的に余裕があれば、お弁当の配達などを頼むことができ、度々家にきてもらえるので、いろいろな相談もできる。しかし孤独死をしてしまう方のほとんどはあまり裕福ではない。ヘルパーさんを頼むこともできず、誰とも話すことなく亡くなって行ったりしているのかと思うと胸が痛む。
父には今から一人で生きていけるようにしてねと言ってある。退職してからやることなくて母にくっついて回っていることが多いからだ。まさにぬれ落ち葉。母はうっとおしく思っているらしい。もちろん最後は私が面倒をみるつもりであるが、今のうちから一人で食べたりできるようにならないと未来は暗い。

飛躍!報道通信社の日記
報道ニッポン インフルエンザ報道と自己防衛/報道通信社 国際ジャーナルは人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。

# 現代画報社の現代画報の特集 トランスフォーマー3は3D?

特に男性の方にファンが多い映画と言えば、「トランスフォーマー」シリーズ。ヒロインのメーガン・フォックスの美しさにやられている男性陣も多いかと思いますが、それ以上にロボットたちの活躍に子どもの頃の心を取り戻しちゃう方も多いのでは?そんな、トランスフォーマー、今度は3D版で登場するらしいですよ~!なんでも、来年の7月1日にアメリカで公開される予定の「トランスフォーマー3」を撮影中のマイケル・ベイ監督がUSAトゥデイ紙で、「トランスフォーマー3」は3Dのこと、それから今回で完結することを明らかにしたそうです。ちなみに「トランスフォーマー:リベンジ」は、2009年度で最もヒットした作品とはいえ、ゴールデンラズベリー賞で、最低映画賞、最低監督賞など最多の7部門を制覇しちゃったのだそう。しかも主演男優のシャイア・ラブーフさんも、「方向性もきちんとした脚本もなにもなかった」と作品そのものを非難しちゃったとかで、「トランスフォーマー3」ではそれを挽回しないとマズイわけです。監督曰く、「今度の作品からは、コメディの要素になりそうなものはなるべく排除し、ジョン・タトゥーロが、コメディの要素を取り除いてくれるキーパーソンになるだろう」と話しているそう。ストーリー自体は、ロシアとアメリカの間の宇宙争奪戦のような感じなのだとか。頑張ってほしいですよね~!

報道ニッポン 取材
rex.xrea.nu 現代画報は現代画報社から出版されています

国際通信社グループの国際ジャーナルから 1人暮らし世帯

国際通信社グループの現代画報によると2020年には1人暮らしの世帯数が総世帯数の34%を占め、
世帯割合のトップになるそうだ。核家族化、高齢化、晩婚化、離婚率の上昇など、
今まで言われてきた様々な要素が重なった結果として、目に見える形に現れてきた。
あまり注目されていないデータだが、実はこれは結構な問題だと思う。
なぜなら、1人世帯は総じて可処分所得が低い傾向にあるからだ。
もはや一億総中流なんて言葉はとうに聞かなくなったけれど、それどころではなく明確な
“貧困”に喘ぐ人々が増えるに違いない。

ライフスタイルが多様化するのは良いことだ。寿命が延びるのも歓迎すべきことだろう。

そうした流れで単身世帯が増える事に対して、特にここで問題にするつもりはない。
しかしロットが小さくなればなるほど単価が上がるのは世の必然で、それは生きる上でのコストも例外ではない。
家賃、水光熱費、税金、食事代などなど支出額は増加するのに対し、収入がそれに比例することはない。
更には長引く不況により就職も困難だ。高卒の就職内定率は50%台だという。
今はまだ、一億総中流と言われた世代がいるから良いだろうが、次世代になったとき
果たして“中流”の生活を送れる人がどれだけいるだろうか。

世代別にアンケートをとった結果、20代~30代の貯蓄額は100万円以下が圧倒的に多く、20代においては貯蓄0も決して少なくなかったという。
すぐそこに迫る“貧困”の問題に目を向け、私たちは今一度生活を考えるべきだろう。


国際進のジャーナル
経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内 報道ニッポン (企業家たちの横顔に迫る、Specialistに学べ!、VIP・ザ・職人 職人~、医療と福祉、食彩逸店、美容と健康)

国際通信社グループの国際ジャーナルから 終の棲家

終の棲家として多くの方が利用を考えている有料老人ホームの閉鎖が相次いでいるそうだ。有料を謳っているのだから、国の運営する特別養護老人ホームなどに比べて、入居費などが高い。自宅を処分してそのお金で入居したという高齢者も少なくない。入居一時金を使い果たして閉鎖している施設もあるそうで、問題である。
私の祖父母も以前入居するか否かで家族会議が開かれたが、本人たちの希望により今は両親と暮らしている。有料老人ホームは高額ゆえに入りたくても入れない方が多い。様々なサービスを謳っているが、洗濯代など、その他の料金も取られる。国が運営している施設に入れたくても、入るのに何年待ちという話だ。仕方なく老老介護となり、介護疲れによって殺人にいたってしまうという話もよく聞く。あまりに悲しすぎる話である。
それゆえ、まだ若いうちから体の健康に気をつけ、健康に長生きし、頭の体操をしてぼけないように・・・と気は使ってみるものの、やはりこればかりはどうにもならないものである。
医学がいくら進んでも年老いていくことはどうにもならない。国の早急な対応を求めるばかりである。こういうところに使っていいのが税金であるはずだ。
しかし私が年老いた頃はきっと姥捨て山ができているのであろうな・・・とふと不安がよぎる。

ベンチャージャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
報道ニッポン 取材 国際ジャーナルは人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。

国際通信社グループの国際ジャーナルから 無料のゲームサイト

国際通信社から発行されている雑誌にも「携帯電話」に関する記事が載っていたように思うのですが
今や携帯電話は「誰もが持っている」と言われるほどになりました。
子供から大人、そして高齢者と呼ばれる人も持っているのではないかと思います。

携帯電話で「無料で遊べる」などとうたっている携帯ゲームサイトで高額請求が相次いでいる問題が
起きているようです。

特に、小学生が親の携帯電話を使ってトラブルになるケースが目立つようです。
年齢別に見ると、未成年社は約4割の110件で、小学生の51件が最も多かったそうです。「小学低学年
の娘に自分の携帯電話でゲームをされていたら10万円の請求書が届いた。娘はゲーム上でアイテムを
購入していたが、本当のお金がかかるとは知らなかった」などと、小学生が現実とゲームの金の区別
がつかないケースもあったようです。
国民生活センターには2年前から「無料」ゲームに関する相談が増え始め、年100件前後寄せられてい
たそうですが、今年度に入って件数が3倍近くに急増しているようです。

私も携帯電話を持っていますが、通話とメール、カメラ撮影以外のことはしません。「無料」という
言葉につられて長時間ゲームをしたり、ゲーム内で様々な機能を使うと大変なことになるのだ、と
理解した上で利用しなければなりませんね。




月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内
国際ジャーナルから発展して 報道ニッポンは報道通信社から出版されています

現代画報の特集記事 北朝鮮の挑発に対する韓国の決意について

国際ジャーナルなどのマスコミでも盛んに論評が行われている北朝鮮問題です
が、最近話題となっている韓国海軍哨戒艦「天安」沈没事件の原因は、どうやら
大きな問題に発展しそうです。韓国の軍民合同調査団は2010年5月20日午
前に、「北朝鮮の魚雷による爆発で沈没した」とする調査結果を発表していま
す。これはすごいことになりそうですね。これによって韓国の李明博大統領は同
日ですが、オーストラリアのラッド首相との電話会談で「北朝鮮に対し断固たる
措置を取る」という決意を語ったそうです。これから一体どのような動きになっ
ていくのでしょうか。韓国の李大統領ですが、週明けに「対国民談話」を発表し
て、今後の対応方針を表明する予定になっています。韓国政府としては、今後国
連安全保障理事会を通じた解決を探っていくのではないかと予想されます。しか
しながら、中国などの常任理事国における足並みは揃っていくのでしょうか。こ
の事件によって、いままで行われてきた6カ国協議再開の可能性はさらに少なく
なっていくのかもしれません。日本は韓国と連携してこの問題に取り組んでいく
ことを決めているそうですが、これからは朝鮮半島の安全保障が大きなテーマに
なってきそうです。





nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。未来を切り拓くため、今後も価値ある情報提供と充実した経済活動を追求し続けます。

報道通信社の報道ニッポンより これからは太陽電池の時代が本格化するのか?

太陽電池はこれからの新しい産業として注目をあびていますが、国際ジャーナル
では太陽電池の動向についてどのようにとらえているのか、これからの分析が気
になるところです。太陽電池メーカー大手であるパナソニックですが、7月1日
から太陽電池事業に本格参入することをマスコミに発表しています。これからの
動きとしては、グループ企業が手掛けている販売チャンネルを使っていくみたい
です。もともと住宅や住宅内配線などの販路がありますから、そこに太陽電池を
売り込んでいくのかもしれません。パナソニックは三洋電機をグループにしてい
ますので、三洋電機の太陽電池技術についても、同じような動きが予想されま
す。これから日本においては、太陽電池が主力となっていくのでしょうか。問題
としては価格があると思います。販売量が増えることによってコストダウンが期
待できます。政府としても、太陽電池に対する補助などによって、新しい産業を
生み出してほしいところです。パナソニックについては、これから太陽電池を自
社の主力製品として位置づけていくことを考えているかもしれません。石油に頼
らない新しい時代のエネルギーとして、太陽電池には期待をしたいところです。





現代画報の飛躍
現代プレス・国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています

国際通信社グループの現代画報 仕事を進める上で障害となることについて

最近は就職難に悩む若者が多いと聞きます。これは経済がグローバル化したこと
の影響なのでしょうか。その点については、国際ジャーナルでも充分に検討して
もらいたいところです。自分の選びたい職業につくことができなくて、そんな状
況に悩む人が少なくないのかもしれません。そんなときは、時間を有効に活用し
て、より効率的に就職活動をしてみてはどうかと思います。単に求人が足りない
というだけではだめです。もっとうまく就職活動をしてみるためには、ビジネス
パーソンとしてより改善を目指していきたいところです。また、就職してからは
仕事の管理に困ることがあるかもしれません。そんな状況を解決するための手法
はいろいろありますが、タイムマネジメントはもっとも重要かもしれません。タ
イムマネジメントというと、なにか特別なスキルのようにも感じますが、やり方
しだいではないかと思います。ビジネスパーソンのすべての人が時間にしばられ
る窮屈なものとは限りませんから、まずは気楽な気持ちで取り組んでみてはどう
かと思います。意外に簡単にやれる方法が見つかるかもしれません。仕事を始め
ると悩みはつきないものですが、これからもがんばっていきたいところですね。





国際通信社Booksブログ
現代画報社 取材 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています

国際通信社グループの現代画報 「天安」、北朝鮮によって沈没

何を考えているのだかわからない国と言えば、日本のご近所さんの北朝鮮もリストに入るのではないでしょうか?北朝鮮のことを方って睨まれるのも怖いけれど、なんだか最近も変な動きを見せているようですね~。なんでも、今年の3月26日に朝鮮半島西側の黄海で起きた韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没で、北朝鮮が浮上していたようですが、的中だったようです。なんでも沈没の原因を調べていた韓国軍と、民間合同調査団は5月20日の午前に、北朝鮮製の魚雷攻撃により沈没した調査結果を発表したそうです。ありゃりゃ~、国交にひびが入りましたね。まず、この調査結果の判断の根拠としては、沈没現場付近の海底で魚雷のスクリューやモーターが見つかり、これらが北朝鮮が使っているものと一致したのだそう。そして推進装置の一部に、洋数字とハングルで「1番」と記載されていたのだそうです。うーむ、これに対して北朝鮮は何と言うつもりなんでしょうか。犯人はやはり現場に何か証拠を残してしまうもの?ちなみに今回の攻撃に使われた魚雷は、北朝鮮の小型潜水艇から発射された可能性が高いことまでわかっているのだそうですよ。沈没した時の「天安」は、南北の海上境界線にある北方限界線(NLL)近くを航行中に、船体が二つに折れて沈没する結果となり、乗員104人のうち46人が死亡する結果となったそう。どうして攻撃したのか、どう説明するのでしょうねえ。

経済がわかる報道通信社の報道ニッポンは経済誌
ジャーナルライフ wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。

現代画報の国際通信社グループ 寝相で性格判断

 寝相で性格がわかるそうだ。大の字だと開放的で自分に自信があるとか、足を少し曲げて横向きで眠る人はバランス感覚があって、ストレスを感じすぎないなど。私はほとんどうつぶせである。目が覚めると息苦しい。眠るときは大の字なのに、なぜか朝起きるとうつぶせになっているのだ。ストレスなどを感じているときは確かにちいさく丸まって寝ていることが多い。
 最近になってやたらと眠いのだが、寒いからなのか疲れているのか。眠りの重要性も最近とみに感じる。若いころは遅くまで起きていて、朝だらだらと眠っていても元気いっぱいだったが、最近はそんな寝方をしていまうと疲れが取れず、一日体調が悪くなってしまう。きちんと毎日同じ時間、同じ時間数眠るのが一番良いのだろうが、なかなかそうもいかない。
 最近は三時間睡眠なども流行っているが、果たしてどうなのだろう。知り合いが挑戦してみたそうだが、やはり眠くなってしまって辛かったと言っていた。なれてくればそれもいいのだろうか。仕事で疲れ果てて睡眠3時間という経験はしていたことがあったが、包丁を持ったまま寝てしまったことが多々あった。やはり睡眠は大事である。
 最近は眠る前にアロマランプをたいたり、穏やかな音楽を流したりしている。これはとても効果がある。朝しっかり起きて活動することができるのが何より効率が上がると思う。

nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています

報道ニッポン 報道通信社 非定型うつの増加

現代画報12月号によると若い女性に“非定型うつ”なるものが増えているそうだ。
このうつ病、気分の落ち込みや集中力の低下など、従来のうつ病特有の症状はあるものの、好きな事をすれば楽しいなど気分にムラがあるらしい。その他、不眠でなく過眠になったり、食欲低下でなく過食になったり、一見すると“うつ”とは分かりにくいのが特徴だという。ともすれば“サボリ”と見られてしまう事も少なくないだろう。

最近、こうした耳慣れない疾患名を聞く事が多くなったと思う。
○○障害、△△症候群…なぜ今、こうした疾患が急速に増えているのだろうか。
働き方の変化などで一人当たりの業務負担が増えたからか、人とのコミュニケーションが希薄になっているからか、それとも・・・原因を考え始めればきりがなく、あるいは昔から存在していたのに、病気として理解されていなかっただけなのかもしれない。

ともあれ、非定型うつの対策の1つとしては、毎日目的を持って生活することが
有効らしい。例えば、「今読んでいる本を読み終わる」といった些細な事でも良いようだ。

若い世代の所得低下が続き、共働き世帯は今後更に増える事が予想されている。
また、昔から就職は雇用サイドに有利であったけれど、昨今の不況の影響でその傾向が顕著になっている事実も否めない。
ストレス社会と言われて久しい今、メンタルヘルスの問題はもっと注目されてもいいはずだ。

報道ニッポンを手にして
opem-press.net | 現代画報 | 現代画報社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット
フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。