スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報|真の子育て支援

選挙活動中に、複数の党が「子育て支援」という言葉を出しているように思いました。
それぞれが提案した内容をマニフェストに挙げて、国民に訴えている様子もテレビでよく見ます。

「子育て支援」について、ある番組内で街頭インタビューを行っている様子が放送されていました。
「うちにはまだ小さな子供がいるから有難い」「子供の将来を考えるといいんじゃないか」という意見
もあがりました。また「子育て支援金は一時的なもののような気がして本当にいいのかと疑問に思う」
「うちは子供がいないのであまり意味がないような気がする」というような意見もありました。

そんな中、ある女性がインタビューに答えていました。「子供がなかなかできないので、不妊治療を
受けている方にも併せて支援が必要だと思います」との意見でした。
その女性が治療を受けているかどうかはわかりません。
「不妊治療」については以前、月刊グラビア情報誌「現代画報」でも取り上げられていたと記憶しています。

「子供がほしいから」という思いは、何よりも強いものです。そのために大変な「不妊治療」を受けている方
の存在も、ぜひ考えていただきたいと私は思っています。

そして、幼稚園の子供をもつあるお母さんがインタビューに答えていました。そのお母さんは、家庭の事情で
働かなくてはいけないようです。そのために子供を保育園に入園させることを希望したようですが、近隣の
保育園では「定員いっぱいなので無理」との答えしか返ってこなかったようです。職場から近い保育園でも
同じ答えが返ってきたようです。結局、保育園には入園できずに私立の幼稚園に入園させて、延長保育を
お願いしているそうです。「私立」となると、相当な費用がかかるかと思います。
ですから、食費を思いっきり削って生活しているそうなんです。

「働きたい」「働かなくてはならない」と思っているお母さんは、テレビの報道などを見ていると増えている
ように思います。そうなると保育園を頼りにするのですが、「無理」といわれるとどうしようもありません。
お母さんは、何も動けないのです。
「保育園」事情もしっかりと国は考えるべきだという意見をインタビューに答えたお母さんは言っていました。

「子育て支援」とはなんでしょう。真の子育て支援とは、お金の支援だけではなく「子育て事情」も国は把握すべきだと
私は思います。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

現代画報|小さなシェフ

最近の小学校の夏休みの宿題って少ないんですね~。まあ公立ですけど、我が家の小2が持ち帰ってきたのは、国語と算数のドリルが3枚ずつに育ててるピーマンの観察日記1枚(1枚じゃ日記とは言わないのでは・・)、夏休みの思い出新聞A41枚分、自由課題の読書感想文(要するにやらなくていい)だけ。思わず、少なっ!って叫んじゃいました。今の教育現場に過度な期待はしちゃいけないんでしょうね。国際通信社で紹介している熱心な教育者の方々はまだまだ一部でなんだなと思います。それに、教育の基本は家庭にあると常日頃から感じているので、夏休みは絶好の機会なのでしょう。と自分に言い聞かせて問題作ってます。
それにしても、夏休みは長い。毎日どこかへ遊びに連れて行く予算も体力も無いので、インドアでどれだけ上手く時間を使えるかは、母にとってほとんど死活問題に等しいわけです(大袈裟な!と思った殿方は1ヵ月半24時間子どもと一緒に過ごす自分を想像しましょう)。
工作系はやり尽くした、ゲームやDVDも食傷気味・・そこで思いついたのが料理です。男子にとって一番身近で一番手を出したことが無いもの。我ながら苦肉の策ながら良いアイデアだわ。とりあえず冷蔵庫にあるものでサンドイッチを作ることになりました。育てたピーマンとハム、トマト。ピーマンもトマトもスライスとは程遠い厚さになってしまったけれど、なんとか自分で切ってパンの上にこでもかと乗せて仕上げはマヨネーズ。そんなごっついサンドイッチは立派なお昼ご飯になりました。「明日も作る!」と張り切る小さなシェフ。台所は酷い有様ですが、ま、これで今年の夏休みは乗り越えられそうです。




国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

現代画報|ブラジルの巨大消費市場

今春、中国の大手自動車会社が2011年までにブラジルに工場を建設する、とのニュースが
世界を駆け巡りました。
その規模はかなりのもので、
投資金額は最大7億ドル、年間生産能力は10~5万台とのこと。
台頭する中国メーカーの動きに、日本を始め欧米の自動車各社は警戒感を強めています。

ブラジルの首都サンパウロでは、数年前まで庶民の憧れは三菱自動車の四輪駆動車「パジェロ」だったそうです。
それが最近では、より価格の安い韓国・現代自動車の「トゥクソン」。
大型セダンでも、同社「アゼラ」の人気はホンダの「アコード」を上回っています。
現代自動車は、小型車の現地生産工場を建設する意向を表明しており、
テレビや携帯電話などの電化製品とともにますます台頭を見せています。

ブラジルはアジアから地理的に遠いイメージではありましたが、
近年ブラジルで急成長する巨大消費市場に強くひきつけられているのは、
中国や韓国に並んで日本も同様であり、
他国の攻勢を前に、官民をあげて対抗を試みています。

今外務省が着目しているのは、
ブラジルの主要都市を結ぶ新幹線の導入です。
麻生総理とルラ大統領との間で開かれた首脳会談においても、
総理は新幹線導入のメリットについて熱く語りかけました。

今後もますますアジアとブラジルとのつながりは強くなり、
地理的な距離を埋めていくと思われます。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

現代画報|また新型インフルエンザが・・・

新型インフルエンザがまた流行・・・とのニュースが流れています。
そのニュースを聞き、気が沈んでしまいました。

新型インフルエンザに感染し、亡くなった方が8月19日現在で3名だそうです。
その3名の方は持病をもっておられたようですが、やはりそのような方や妊婦さんは
新型インフルエンザに感染すると重症化する可能性が高いようですね・・・。

ある産婦人科では、出産後のお母さんと赤ちゃんを離して入院生活を送るように徹底
しているのだそうです。その産婦人科は、おそらく通常は母子同室の病院だと思うのですが、
新型インフルエンザの影響もあり、授乳時のみ赤ちゃんと対面なんだそうです。
出産を無事終えたお母さんのインタビューでは「赤ちゃんの顔があまり見れないので残念です」
と話していました。
ちなみに、私は新型インフルエンザ関係なく、出産時は授乳時のみの対面でした・・・。
我が子は新生児室にいましたので・・・。

プロ野球チームでも新型インフルエンザの感染者がおられたようで、また、ある地域の保育園
では10名以上もの感染者が出たようなんです。また別の地域でも保育園では20名弱の感染者が
出たようです。

8月19日報道時点で、「新型インフルエンザかも」という理由で受診する人の人数が約6万人に
達しているようです。幸いに新型インフルエンザではなかった人もいるかもしれませんが
約6万人のうちでも「新型インフルエンザの可能性が強い」と診断された人数のほうが多いとの
ことです。

夏休みも終盤にさしかかり、新学期が始まるまであっという間です。
新学期が始まってからがまた、親も学校、幼稚園などの先生も心配しなければなりませんね。
2学期は気候もいいので、たくさんの行事を予定していると思います。
その行事が無事に行えるのでしょうか・・・。
そこまで思うのは、私の気にしすぎでしょうか・・・。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|懐かしい駄菓子屋さん

みなさんの住んでいる町にも「100円ショップ」があるのではないでしょうか。
日用品、食品などが100円均一で販売されており、品数も多いので便利なお店ですよね。
そして、利用されている方も多いと思います。

私の住んでいる町にもいくつか100円ショップがあり、よく利用しています。
買うものを決めてから行くのに、どういうわけか余計なものまで買ってしまう・・・。
私と同じような経験をされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

先日、SMAPの香取慎吾さんが主演のドラマ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」をちらっと
見たのですが、「駄菓子屋さん」らしきお店が映っていました。
そのお店を見て、私はとても懐かしい気持ちになりました。
私が子供のころは、母に10円20円をもらって近所の駄菓子屋さんに友達とよく行ったものです。
子供が喜ぶようなお菓子、玩具がたくさん販売されていました。
限られたお金の中から、何を買おうか迷ったものです。

現在、その「駄菓子屋さん」が姿を消していっているように思います。
みなさんの住んでいる地域ではまだあるんだ・・・というところもあるかもしれません。
が、私の知人も「2年前くらいにつぶれてしまった」「もう何年も前につぶれた」などと言っていました。
今は、100円ショップをあちこちで見るようになりました。
変わりに、懐かしい「駄菓子屋」さんはどんどん見なくなりました。

実は、私の近所に住んでいる子供たちは「駄菓子屋さん」を知らないそうです。
「100円ショップでお菓子が買える」「ちょっとした玩具なら100円ショップで・・・」と
いう声をよく聞くんです。ちょっと、私は寂しい気持ちになりました。

確かに今は、100円ショップでお菓子も買えるし、玩具も買えるでしょう。
でも、「駄菓子屋さん」もすてたものではないと思っています。
子供の夢の詰まった「駄菓子屋さん」・・・どこかで復活してもらいたいものです。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|活気ある大阪

先日、大阪のご当地検定「なにわなんでも大阪検定」の第1回合格発表があったそうです。
受験された方、ご自分の結果はいかがでしたでしょうか。
「余裕だった」という人もいれば「思ったより難しかった」という人もいるでしょう。
「検定をなめとったわ~」と嘆く人もいたかもしれません。

入門的な3級の合格率は97.8パーセントで、ご当地検定としては異例の高い合格率だったそうです。
2級は合格率70.7パーセントだったようですね。
合格者の最高齢は3級、2級いずれも87歳男性、最年少は3級が10歳児、2級は22歳児だそうです。
来年2010年、第2回の検定を6月ごろに実施する予定とのことで、その時には1級も登場するんだ
そうですよ。

大阪生まれの大阪育ちでも、なかなか2級や1級になると難しいかもしれませんね。
「えっ、こんな言葉で普段しゃべらへんで~」というような言葉も問題に出ていたりしたそうです。
大阪の歴史も長いでしょう。長い歴史の間に様々な出来事があったかと思いますが、なかなか
覚えていない・・・または経験していない・・・ということもあり、苦戦する検定かもしれませんね。
大阪市長の平松市長は、3級を受験されたそうですよ。合格されたようです。
不合格だったら、大阪の人は「なんじゃ、そりゃ」「なんでやねん」と言いたくなるでしょうね。

あと、新聞記事にこのようなことが記載されていました。
「大阪府 第2京阪道路を自転車で走ろう」・・・記事の内容を読んでいると、高速道路の「第2京阪道路」
に来年3月に開通する箇所があります。その距離が約14キロだそうですが、その開通する区間を使って
自転車で走ろうというイベントが予定されているんだそうです。

スポーツ自転車コースは約30キロ。一般自転車コースは約10キロ。一般自転車・・・つまり「ママチャリ」
でいいということですよね。新聞記事にもそう記載されていました。
スポーツ自転車は約1500台、一般自転車は約1000台程度の参加を見込んでいるんだそうです。
ただ、安全性の観点からいずれもタイムを競うものではないそうですよ。

このイベントは開通直前に開催予定とのことです。自転車で高速道路を走るって気持ちいいでしょうね。
車が走る前の高速道路を走るんですよ。タイムは関係ないとのことなので、のんびり走ってみたいと
思いませんか?
「ママチャリ」でよければ、私も参加したいくらいです。大阪弁を使うなら「めっちゃ乗り込んでるチャリ
があるねん」といった感じの自転車で参加したいですね。
普段、子供を乗せているのでもちろん子供同伴で・・・。

「大阪マラソン」の開催も検討しているとテレビで報道されました。「東京マラソン」はすでに開催されて
テレビや新聞でも必ず取り上げられていますよね。大勢の人が目標に向かって走る姿は、本当に素敵ですし、
活気あるイベントだと思います。
私個人的には走るのはとても苦手なので、自転車では走れますが自分の足で走る・・・というイベントへの
参加はするつもりがありません。

大阪府知事の橋下知事になってから、大阪に活気が出てきたように思います。イベントを通じて
この悪い景気を吹き飛ばすような元気な大阪になってもらいたいものですね。

橋下知事を支持するしないの話ではなくて、これからも大阪のために、大阪が元気になるために
大阪が良くなるために、頑張っていただきたい知事だと思います。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|高齢者の介護

今の日本は、「高齢者社会」と言われています。

高齢者に必要となってくるのは「介護」ではないでしょうか。
もちろん、元気に毎日を過ごされている方もいらっしゃるでしょう。
私の近所にも「介護なんて無縁だ」と自分でおっしゃっている方が
います。その方は男性なんですが、毎日散歩をしたり家の用事をしたりと
よく体を動かしているようです。それが理由なのか、とても元気ですよ。

「介護」をヘルパーさんに頼んだり自分の子供に頼んだり・・・という
ケースがある中で、「高齢者」が「高齢者」を介護するというケースも
少なくないようです。

ある日の新聞夕刊に1ページを使って写真が4枚載っていました。
4枚とも、高齢の旦那さんが高齢の奥さんを介護している写真なのです。
奥さんにご飯をあげている写真、奥さんを抱えて移動する写真、
奥さんが車椅子に乗り、その車椅子を押して買い物をしている旦那さんの
写真、仲間が大勢集まって、団体で食卓を囲んでいる写真。

その中で「仲間が大勢集まって食卓を囲んでいる写真」にはコメントが
記載されていました。奥さんが若年認知症と診断されてから20年近く
旦那さんが介護をされているそうです。介護を始めたころは奥さんの身
の回りのことはすべて旦那さんがされていたそうです。奥さんは認知症ですから
旦那さんの存在が理解できないのでしょうか、暴力を振るったり徘徊したりと
大変だったそうです。それがきっかけで旦那さんもストレスがたまり、奥さん
に手をあげたこともあるそうなんですよ。

旦那さんが介護で体調をくずしてから「自分にも休む時間が必要だ」と考えた
そうです。それから、ヘルパーさんに頼んだり、デイサービスを利用したりなど
をすることで、旦那さん自身の心にもゆとりができたそうです。

そんな「介護をする」旦那さんを支援する動きが広がりを見せているようです。
ある市では今年3月に「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」が発足されたそうです。
事務局長は「男性介護者は弱みを見せたくないために、問題を一人で抱え込んでしまい、
社会から孤立する傾向がある」と指摘しているそうです。ですから「介護経験者の話を
聞いたり愚痴言い合うなどの場所」が必要なんだそうです。

まだそんなに年齢を重ねていない人が介護されている人もたくさんいらっしゃるでしょう。
その方々もストレスがたまって、体調を崩したり一人で落ち込んでしまったり・・・
という事もあるのではないかと思います。
ぜひ、公共施設を利用して少しでも自分の時間を作ってください。
それだけでも、ずいぶんと気分的にも体力的にも違うようなんですよ。

「介護を必要とする家族」の事ももちろん大事でしょう。でも、「介護をしている自分」も
大事ですよ。
「介護をしている自分」が笑顔で、体調が良ければ「介護を必要とする家族」も嬉しい気持ち
になるのではないでしょうか。
家の中が、素敵な雰囲気になりますように・・・。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|身につけるために

2011年から小学校5、6年生は英語が必修科目になるんですね~。知らなかった・・。英語教育の大切さは、それこそ戦後からずーっと叫ばれ続けていて、中学高校の6年間ビッチリ習うわけですが、学校の英語だけでは「喋る英語」はなかなか身につかない。むしろ「英語嫌い」を助長しているところもあるような・・・。習い始める年齢を早めれば、英語はもっと身近なものになるという考えで、小学校高学年からやらせようということなんですよね?だったら、高学年からなんて言わないで、一年生から始めてもいいような気がします。現在の月に1、2回のオリエンテーションのような授業ではなく、必須科目にしてしまうというのはダメなんだろうか。
日本語も儘ならないのに英語をやらせるのはどうか、という声もあるでしょうが、小さい子は意外と柔軟に対応するんですよね。
報道ニッポンで教育格差について特集してますが、問題はやはり教える側にあるでしょう。本気で語学を身につけさせようと思ったら、学校だけの学習じゃ足りないことは周知の事実です。だからどうしてもバイリンガルにしたい親は、インターナショナルスクールに入れちゃう。英語だけの環境を作るのが手っ取り早い方法なわけです。でもお金がかかる(苦笑)
子供の教育レベルは親の経済力に比例すると言いますよね。本当にお金だけかければ良いのでしょうか。学校に丸投げ、塾に入れておけば大丈夫、家庭教師をつけてる・・・って他人に任せすぎじゃない?子供を教育する場は家庭が基本だと思います。中学生に教えるなんて無理とか、そんなことないです。一緒に勉強すればいい。「お父さん、そんなことも知らないの?」と言われたって、「一度は習ったけど忘れちゃったから、また勉強しなおすよ。一緒にやろう」でいいんじゃないかと。英語なんて格好の題材ですよ。子供と一緒に字幕無しで映画を観たり、
単語を競争して覚えたり、日本語で喋ったら罰金とか。楽しそうじゃないですか。英語は勉強じゃなくて言葉だから、使わないと身につかないですよね。



国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
フリーエリア
プロフィール

次郎と太郎

Author:次郎と太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。